« 「しゃばけ」ドラマ化 | トップページ | 旧怪談 »

2007年11月17日 (土)

重力ピエロ

Htbookcoverimage 『重力ピエロ』伊坂幸太郎・新潮社(2003年)

なぎさんにおすすめしていただいた伊坂さん作品三点の中の一冊です。

たまたま図書館にあったのがこの本しかなかったのです・・・。

***

清々しくもあり、重々しくもある。

そんな印象でした。

人が死んでいるのに清々しいとは何事かと言われてしまうかもしれませんが・・・。

そして最後の三行はとても意味深でした。

心の中が強いGによって押し付けられているような感じです。

「良い」とか「悪い」とかここでの基準はとても曖昧なもので、ひどくバランスの悪い地面の上にに立たされているような感覚でした。

でも前ほど伊坂さん作品に対する印象は悪くありません。

|

« 「しゃばけ」ドラマ化 | トップページ | 旧怪談 »

作家あ行」カテゴリの記事

コメント

じょせさんのレビューを読んで、その通りだと思いました。ハルの行動は決してほめられたものではないし、犯罪を肯定するつもりもないのですが…

ところで、じょせさん。本まだある?Y先生が発見されたのだけど、会話「」の部分が全部同じ長さ(字数)になってたり、一文字ずつ違って会話「」が階段状になっていたり、作者の遊び心があちこちに見られる本のようですよ。私もちっとも気づかなくて、後で確かめると「おぉ!」と思ったのでした。

投稿: なぎ | 2007年11月17日 (土) 21時53分

なぎさん、コメントありがとうございました!
そしてご指摘ありがとうございます。
全然気づきませんでした!確かにところどころステップみたいになっている部分があります。
まだ返さなくて良かったあ~^^
Y先生にもよろしくお伝えくださいね。

投稿: じょせ | 2007年11月17日 (土) 22時34分

初めての伊坂作品でした、重くって。
本の内容も難しかったのに、会話「」の部分にも仕掛けがあったんですか。
それに気が付く読者もいるなんて、素晴らしい。

私は伊坂作品の短編が好きです。

投稿: chii | 2007年11月18日 (日) 18時46分

chiiさん2ヶ所もコメントいただきまして、ありがとうございます!
確かに重々しい内容でした。
常に春の出生の話題が触れられていましたし。まあ、それが葛城との関係の伏線にはなっていたのですが・・・。
復讐のお話というのは確かにじわじわと重々しい感じが続いているような気がします。今回のような場合は特に。


chiiさんは伊坂さんの短編がお好きなのですね。
何かおすすめなどあれば、是非教えてください^^

投稿: じょせ | 2007年11月18日 (日) 23時46分

じょせさん、こんにちは♪
お勧め・・・本プロでkanakanaさんに勧めていただいた「チルドレン」がよかったですよ。
たくさん読んでいない私の目いっぱいのお勧めです。

投稿: chii | 2007年11月20日 (火) 09時57分

chiiさんこんにちは^^
おすすめ、ありがとうございます。
図書館で今度チェックしておきます!

投稿: じょせ | 2007年11月20日 (火) 11時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「しゃばけ」ドラマ化 | トップページ | 旧怪談 »