« 太陽の塔 | トップページ | 本格的に就職活動!!! »

2007年12月 8日 (土)

ちんぷんかん

Htbookcoverimage 『ちんぷんかん』畠中恵・新潮社(2007年)

若だんなが死んじゃった???「鬼と子鬼」。

広徳寺寛朝坊のお弟子、秋英が狸から仲人依頼?!「ちんぷんかん」。

おたえの恋物語、「男ぶり」。

松之助さんに縁談!陰陽師が若だんなを狙う?!「今昔」。

ある春の日、若だんなの離れにやってきた赤ん坊、「はるがいくよ」。

***

ラストがとても切なくて、目がうるうるしてしまいました。

今回は恋の話が満載でしたが、最後がまさかこんな悲しいオチだったとは・・・。

面白かったです。でも、ふっと溜め息が漏れてしまいました。

|

« 太陽の塔 | トップページ | 本格的に就職活動!!! »

作家は行」カテゴリの記事

コメント

このシリーズ、ちょっとダレてきたかなあ・・・と思っていたのですが、この巻はよかったです。
「はるがいくよ」はせつないですねえ。私もうるうるしてしまいました。

投稿: まゆ | 2007年12月 9日 (日) 18時38分

まゆさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
変り種で来たなと思いました。
何だかファンタジーの中から一気に現実に引き戻されてしまったような感じです。

投稿: じょせ | 2007年12月 9日 (日) 23時05分

「はるがいくよ」が好きです。
人の生が限りあると実感しました。
本当に、せつない物語でしたね。

投稿: chii | 2007年12月10日 (月) 21時07分

chiiさんこんばんは。コメントありがとうございます。
私はこれが最終巻でなくて良かったなと思いました。あれがラストでは切なすぎですよ;;

投稿: じょせ | 2007年12月10日 (月) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/478184/9305073

この記事へのトラックバック一覧です: ちんぷんかん:

« 太陽の塔 | トップページ | 本格的に就職活動!!! »