« 上地さんのブログにおじゃまする私 | トップページ | 就職活動・・・控える筆記試験 »

2008年3月11日 (火)

三谷幸喜のありふれた生活

Htbookcoverimage 三谷幸喜『三谷幸喜のありふれた生活』朝日新聞社(2002年)

「僕は愉快な人間ではない」という言葉から始まる(まえがきを省くと)このエッセイ。

2000年から2001年にかけて三谷さんが手がけた舞台、ドラマ、映画でのエピソードと、奥様小林聡美さんとペットたちとの日常が書き綴られている。

***

私は三谷さんと小林さんのエッセイ(本)は、同時に発売・陳列すべきだと思う。

両夫婦の心情が書かれたエッセイは滅多にお目にかかったことがない。

しかも両方とも面白い!

のほほんとした夫婦愛が穏やかに書かれている。

私が好きだなと思ったのは、小林さんとのご縁をつなぎとめたくて、猫アレルギーを必死に克服したこととか、長期の小林さんの不在で知った「妻のありがたみ」など。

奥さんのお尻に敷かれているというよりかは・・・奥さんに面白がられてる?(笑)

でもそんな関係っていいんじゃないかなって思います。

私は結婚経験なんてないんですけども、このお二人はきっと、ずっとこのまま末永く一緒にいるんだろうなあと確信しています。

目指せ!三谷夫婦ですhappy01

|

« 上地さんのブログにおじゃまする私 | トップページ | 就職活動・・・控える筆記試験 »

作家ま行」カテゴリの記事

コメント

このエッセイ、大好きです。三谷さん、おかしくって。
奥様とのやりとりとか、すごく好きです。

投稿: まゆ | 2008年3月11日 (火) 20時18分

まゆさん、こんばんは。
三谷さんって本当に自虐的な人なんですね。
自分を卑下されるのも得意なようですが、人の良いところ、素敵なところを見つけるのも上手な方だなと思いましたhappy01

投稿: じょせ | 2008年3月11日 (火) 23時04分

この本はまだ読んでないです。時間ができたら、お二人の本を同時に(交互に)読破したいものです。良いご夫婦ですよね~。

投稿: ひなた | 2008年3月14日 (金) 10時20分

ひなたさん、こんにちは。
私はこの本を読む前に『マダムだもの』を読んだのですが、これがちょうど時間的に合っていたのです。
なので、例えばとび君(犬)が家族になったときの小林さん、三谷さんの心境がそれぞれ書かれているのです。
交互に読むなら、この本と『マダムだもの』をセットで読まれることをおすすめしますhappy01

投稿: じょせ | 2008年3月14日 (金) 12時13分

こんにちは。
連載でも読んでいますが、土曜日に変わってから
ちょっとご無沙汰です。
このエッセイは、イラストもいいですよねheart04

投稿: ほっそ | 2008年3月17日 (月) 16時00分

ほっそ様、コメントありがとうございます。
イラスト、味があっていいですよねhappy01
でも小林さんはもうちょっと美人さんですよ(笑)
と思ったりsmile

投稿: じょせ | 2008年3月17日 (月) 17時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 上地さんのブログにおじゃまする私 | トップページ | 就職活動・・・控える筆記試験 »