« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

マスターキートン

先日は「ゴルゴ13」にはまっていると記事に書いたのですが、実はひそかに別のアニメにも心奪われていました。

浦沢直樹さんの「マスターキートン」です。

Images

大学で考古学を教えながら(臨時講師)、保険の調査員でもある太一・平賀・キートン。←順番あってるかな?

彼は以前軍隊にも所属しており、サバイバルの教官としての経歴を持つ「マスター」だ。

私も大好きな考古学。

しかし考古学だけでなく、保険調査員としての彼も優秀で、幾多の試練をその豊富な知識と技術で乗り越えていく。

見た目は優男風だけれど、いざというときはやってくれる、とても魅力的な主人公です。

浦沢直樹先生の描かれる漫画は本当に面白いですね。

今度「20世紀少年」も映画化されますし。

一時期母もはまっていました。

「マスターキートン」はニコニコ動画に今も残ってますので、興味のある方は是非、ご覧になってみてください。

| | コメント (2)

2008年7月30日 (水)

おじゃる丸

NHKで平日18時からやっている「おじゃる丸」の主題歌がいつのまにか変わっていました!?coldsweats02

今までエンディングは何度も変わってきていたのですが、主題歌はいつも同じでした。

公式ホームページを見ると、第10シリーズまでは「詠人」だったのですが、第11シリーズからは「夢人」に変わったのだそうですsign01

歌う人は同じく北島三郎氏。

初回放送から10周年を迎えたため、それを契機としてNew主題歌にされたみたいです。

もうそんなになりますか・・・・

月日が経つのは本当に早いですね~catface

次に目指すは20周年ですね。

その頃私は32歳。

立派な大人の女性になれているといいのですがcoldsweats01

(はっ!coldsweats02じゃあ北島三郎氏も相当な歳になってますよ?!)

| | コメント (4)

不眠症???

ここ数日のことですが、夜ほとんど眠れません。

朝方4時まで目が冴えてしまって、その頃になってようやく眠れるといった具合です。

昨日なんか、朝6時までまったく眠れず、6時過ぎてから4時間ほど眠って、10時に暑くて起きました。

いかんですsweat02

健康なサイクルに戻さなければ・・・

以前は、お昼寝しても夜はまたちゃんと眠れるという爆睡ちゃんだったのにbearing

| | コメント (0)

2008年7月28日 (月)

お詫び

最近誤字が多くてすみません。

気づいたらすぐに訂正するようにはしているのですが、何分パソコン変換ですので、文章を打ち込んだ後はつい安心して、チェックもせずにアップしてしまうことが多いです。

以後気をつけますbearing

| | コメント (0)

ぬまばあさんのうた

Htbookcoverimage_2 岡田淳『ぬまばあさんのうた』理論社

こそあどの森シリーズ第8弾。

ポットさんとトワイエさんは湖に釣りに行き、ふたごは<ぬまばあさん>に出会い、スキッパーは石の声に耳を傾けた。

***

この世で大切なことは「聞くこと」。

人の声、森や動物、自然の声に耳を傾けること。

ポットさんのおじいさんの言葉です。

確かに大切なことですよね。

人の声はともかくも、自然の声に耳を傾けるなんて、私はきっと出来てませんねcoldsweats01

私たちがもっと自然の声、モノたちの声を聞くことが出来ていたら、変わっていたことはたくさんはあったでしょう。

大切なことを思い出させてくれる、

こそあどの森はそんな森ですbud

| | コメント (2)

2008年7月27日 (日)

料理とは挑戦である

今日の夜はハンバーグを作ろうと思いまして、玉ねぎをみじん切りにし、ミンチを解凍し、ボウルとフライパンまで用意したときのことでした。

「はっ!・・・パン粉がない・・・」

買いに行こうかとも思ったのですが、部屋着に着替えてもう完璧にリラックス状態。

今からまた買出しに出るのもなあdown

さて代わりになるものはないかと戸棚の中をがさごそやってみると、少しだけ残っていたコーンフレークが。

料理は挑戦です。

コーンフレークを袋の上からできるだけ細かく砕き、いざハンバーグの材料となるのだ~shine

少しばかり甘い匂いがするのは無視し、ジュージュー焼いてみると、見た目はハンバーグの完成!

さあさっそく試食ですrestaurant

始めはまあまあいけるんじゃないのと思って食べてたんですが、コーンフレークが多めに入った部分を食べたとき・・・

私はそっと箸を置きました。。。

| | コメント (2)

2008年7月26日 (土)

ゴルゴ13

Images 最近、アニメの「ゴルゴ13」を見始めました。

以前テレビ朝日の「アメトーーク」のゴルゴ13芸人を見てから、なんだか気になってしまって、youtubeでちょこちょこ見るようになたのです。

なんとゴルゴ13の声は舘ひろしさんがやっています!

はまり役です(笑)

冷静沈着なところが、ちょっとだけ「あぶない刑事」のタカを思わせます。

私の趣味はどんどん多岐に渡っていきます。

たぶん昔の私を知る人からすれば、今の私は信じられないことになっていると思いますcoldsweats01

だって元文芸部の私が大学でサッカーをしていたと言っただけで、

「またまた~(冗談でしょ)」

と言われてしまうくらいですからcatface

| | コメント (0)

2008年7月24日 (木)

だれかののぞむもの

Htbookcoverimage 岡田淳『だれかののぞむもの』理論社

フー、きみはだれなんだい?フーは…遠くの村からやってきたらしい。フーは…自分のことがわからないようだ。フーは…バーバさんも旅先で会ったという。こそあどの森にやって来たフーをめぐる物語。(抜粋)

***

久々にこそあどの森シリーズを読みました。

相変わらずいいお話です。

誰かの幸せの為にやっていたことが、結果、自分自身を失うことになるなんてこと、経験のある方はいらっしゃいませんか?

私は恋愛をしているときなどそうですね。

相手に良く見せようと自分を偽ったり、そのせいで無理をしてしまったことは多々ありました。

人を喜ばせようと頑張っているときは確かに楽しいですし、やりがいもあるって思いますけど、やっぱり自分を省みられないほどがむしゃらになることは周りに心配を掛けてしまいます。

教訓です。

相手を思いやることも、自分を思いやることも忘れずに、です。

| | コメント (2)

2008年7月22日 (火)

竜退治の騎士になる方法

Htbookcoverimage 岡田淳『竜退治の騎士になる方法』偕成社

放課後の教室で、ぼくと優樹が出会ったのは西洋の騎士のような格好をした変なおじさん。

彼は言った。

「おれは、竜退治の騎士やねん。」と。

***

日常にどこか満足できずにいた小学生二人が、この<竜退治の騎士>によって人生観を変えられるお話。

読み終わり思ったのは、「私もできれば会いたかったな・・・」と。

騎士になりたいわけじゃないけれど、日常に一石を投じてくれた<竜退治の騎士>のようなものに出会いたかった。

当時(小学校の頃)の私も、あまり学校が好きではなかったから。。。

竜と対峙するのは恐ろしい気もするが、もし出会えていたら・・・

その恐怖にも打ち勝てるような強い自分になれたかもしれないな。。

なんてhappy01

| | コメント (4)

2008年7月20日 (日)

狂王の庭

Htbookcoverimage 小池真理子『狂王の庭』角川書店

翔子の母、杳子が他界した。

その三回忌の法要の席で、翔子は知人から母の遺品を受け取る。

それは母の若かりし頃の姿が描かれた絵と、一枚の写真、7冊のスケッチブック。

そしてそのスケッチブックに描かれていたのは、母杳子の悲しい恋の記憶だった・・・

***

目をページの上に這わすように読みふけった。

終始心臓がドクドクと激しく鼓動していた。

狂おしいほどの恋、禁じられた恋。

私はここまで男の人に愛されたことはないし、愛したこともない。

「一目見たときから」なんて、くさい恋物語、私はあまり好きではないけれど、悲劇的な結末を迎えるとわかっていながらも、青爾と杳子の抑えられないどうしようもない感情、割り切れぬ想いに当てられ、私の心は激しく揺れ動かされた。

愛し合っているのに結ばれないなんて悲しいけれど、愛の前に理性をかなぐり捨て、ひたすらに相手を想える人、私、嫌いではないです。

| | コメント (0)

2008年7月18日 (金)

理不尽なこと

ごめんなさい、愚痴を言います。

接客の仕事をしていると、ときどき、こちら(接客をする側)にはどうしようも出来ないことに対して腹を立て、八つ当たりをされる方がいらっしゃいます。

こちらはきちんとご説明しているのに、無理を通そうとされたり、自分の意見が通らないと悪態をつかれて・・・

その場では「申し訳ありません」で通しますが、こちらとしても非常に不愉快な気持ちになります。

書店でのアルバイトを始めて4年目に入りましたが、いまだに慣れませんsweat02

慣れるものでもないのですが、ベテランの社員さんはそんなゴタゴタがあったにもかかわらず、愚痴を言うこともなく、何事もなかったかのように振舞っていらっしゃいます。

すごいです・・・

その社員さんを見習いたくて、私も接客というお仕事の道を選びました。

腹の立つことも、寛大な心で乗り切ることができるような自分になりたいと思ったのです。

今日は、ブログで愚痴ってしまってごめんなさいsad

でもまだ慣れないうちは、どうか愚痴らせてください・・・down

| | コメント (0)

とっても不幸せな幸運

Htbookcoverimage 畠中恵『とっても不幸せな幸運』双葉文庫

ちょっとひねくれているけど、料理上手で世話好きな店長のいる酒場。

くせもの常連客が集うこの店に、いわくつきの「とっても不幸せな幸運」とラベルのついた缶が持ち込まれる。

缶のふたを開けると・・・

(裏表紙より抜粋)

***

畠中さんの書かれた現代ものです。

「しゃばけ」シリーズしか読んだことがなかったので、今回思い切って時代もの以外にチャレンジしてみました。

感想ですが・・・

もう少しファンタジーな内容を期待していたので、結構肩透かしになってしまいましたsweat02

設定は好きな感じなのですが、私の場合、あまり感情移入ができず、実は途中放棄down

誠に私見ではあるのですが、畠山さんの作品は現代ものより時代もののほうが好きです。

| | コメント (0)

2008年7月16日 (水)

進まぬ卒論

卒論に身が入りません・・・down

好きなことをやっているはずなのに、どうも最近はそれが重苦しくて、面倒くさくなりつつあります。

悪い兆候ですsad

夏バテのせいも少しはあるのかな・・・

私の周りの友人たちがバッタバッタと倒れております。

なまけ癖がついてもいけませんが、一度見も心もすっきりリフレッシュさせる必要があるかもです。

泳ぎたいなあ・・・

でも水着がない・・・

よいリフレッシュ方法はないものやら・・・

| | コメント (0)

2008年7月14日 (月)

Little Momo-chan(ちいさいモモちゃん)

51c7q6kc5tl 『Little Momo-chan ちいさいモモちゃん』松谷みよ子作/M・ハース訳 講談社

『ちいさいモモちゃん』の英語版です。

日本語版は小さい頃に持ってました。

大学の図書館でこれを発見し、思わず手にとってしまいました(英語版ですけどsweat02)。

でも平易な英語で書かれていたことと、以前読んだ記憶を頼りにすると、意外にすんなり読み進められました。

英文の本を読了できたのはこれが初めてではないでしょうか・・・?(英語科のくせに)

何はともあれ、久々に読んだわけなのですが、やっぱり松谷さんの書かれる話はかわいらしい話が多いなと思います。

児童文学だから当然っちゃ当然なのかもしれないですが。

この本の主人公モモちゃんは、ちょっとおませで、素直な子。

私もこんな子が欲しいなあと思いますhappy01

| | コメント (2)

2008年7月12日 (土)

DVD

ここ最近、いろんなDVDを借りて観まくっています。

感想などは全部mixiにアップしているのですが、ここ最近観たDVDをここで一通りご紹介。

「スウィーニートッド~フリート街の悪魔の理髪師~」

「魍魎の匣」

「自虐の詩」

「ヘアスプレー」

「サウスバウンド」

「スキヤキ ウエスタン ジャンゴ」

「舞妓Haaaaan!!」

「ONE PIECE エピソードオブチョッパープラス 冬に咲く、奇跡の桜cherryblossom

後は「古畑任三郎」を少々。

まだまだ観たいのはたくさんあります!

でもあんまりDVDばかり観ていると卒論が進まないので、ほどほどにします・・・coldsweats01

| | コメント (0)

2008年7月10日 (木)

ハリー・ポッターと謎のプリンス

Htbookcoverimage J.K.ローリング『ハリー・ポッターと謎のプリンス』静山社

シリウスの死の傷が癒えぬまま、新学期を迎えたハリー。

ロンとハーマイオニーは監督生になり、ハリーはクィデッチのキャプテンに任命された。

ホグワーツは、学校にかつて赴任していたホラス・スラグホーンを迎え、薬草学の教師に、そして<闇の魔術に対する防衛術>にはスネイプを置いた。

ハリーはジニーが何かと気になるし、ロンとハーマイオニーの仲はギクシャクするし、今回も波乱の予感・・・

***

最終巻の発売前に、やっぱり読んでおこうと思いまして。

『不死鳥の騎士団』以来、約3、4年ぶりくらいのハリー・ポッターシリーズです。

今回も波乱万丈!

ダンブルドアが・・・スネイプが・・・ハリーとジニーが・・・

面白かったです。

おかげで今日の朝4時まで下巻と格闘していました。

眠気より、読みたい気持ちが勝りまして・・・coldsweats01

でもこれで最終巻への準備が出来ました。

| | コメント (0)

2008年7月 6日 (日)

中華で懇親会

今日は、内定先の懇親会でした。

場所は中華のお店にて。

約2時間半の懇親会でしたが・・・

私のグループは、質問とか話を切り出す人がなかなかいなくて、しーんとしてましたsad

私は人事の人のお隣に座っていたのですが、ちょいちょい「話ふって~」という熱い視線を送られ、6、7割方、私が話を切り出したりしてましたsweat01

とっても疲れました。

もう一方のグループはわいわいと盛り上がってたのに・・・

なんだかどっと疲れましたdown

あ、でも杏仁豆腐は美味しかったですheart01

| | コメント (0)

2008年7月 5日 (土)

Volvic

先日同じゼミ生の子が、「みんなVolvicを飲もう!」と、唐突に言い出したことがきっかけで、ちょっと買い始めてしまったVolvicspade

<1ℓfor10ℓ>です。

Volvic1ℓ売り上げごとに、アフリカに10ℓの清潔な水が提供されるそうなのですup

今日Volvic2本目完飲いたしました!

これからも少しずつ空きペットボトルを増やせていけたらなと思います。

以上、今日のひとりごとでしたhappy01

| | コメント (0)

2008年7月 4日 (金)

CD買いました

昨日、”ELLEGARDEN BEST”を購入。

しばらく活動停止とは淋しいかぎりですbearing

これからはこのCDを聴きながら、彼らの再スタートを待つことにします。

早く帰ってきてくださ~いsign03

| | コメント (0)

2008年7月 1日 (火)

絵のない絵本

Htbookcoverimage 『絵のない絵本』ハンス・クリスチャン・アンデルセン/集英社

表紙につられて思わず買ってしまいました、アンデルセン作品。

「読んで楽しむ」というよりも、「言葉を目で見て楽しむ」という読み方になってしまいました。

流れるような言葉遣いで作品は描かれています。

出来れば英文で読みたかったですね。

英語の作品を読むのは大変ですが、この作品は原文で読まなければ味わえない<魅力>があるように思います。

私が中でも好きなのは第十六夜のポルチネッロのお話です。

どことなく「ノートルダムのせむし男」を思わせるようなストーリー。

ちょっと泣けました。

| | コメント (2)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »