« 狂王の庭 | トップページ | だれかののぞむもの »

2008年7月22日 (火)

竜退治の騎士になる方法

Htbookcoverimage 岡田淳『竜退治の騎士になる方法』偕成社

放課後の教室で、ぼくと優樹が出会ったのは西洋の騎士のような格好をした変なおじさん。

彼は言った。

「おれは、竜退治の騎士やねん。」と。

***

日常にどこか満足できずにいた小学生二人が、この<竜退治の騎士>によって人生観を変えられるお話。

読み終わり思ったのは、「私もできれば会いたかったな・・・」と。

騎士になりたいわけじゃないけれど、日常に一石を投じてくれた<竜退治の騎士>のようなものに出会いたかった。

当時(小学校の頃)の私も、あまり学校が好きではなかったから。。。

竜と対峙するのは恐ろしい気もするが、もし出会えていたら・・・

その恐怖にも打ち勝てるような強い自分になれたかもしれないな。。

なんてhappy01

|

« 狂王の庭 | トップページ | だれかののぞむもの »

作家あ行」カテゴリの記事

コメント

大人が読んでも気づきを与えてくれる本ですよね。
騎士なのに関西弁を話すところがちょっと笑えますがhappy01

投稿: かりん | 2008年7月22日 (火) 11時11分

かりん様
こんにちは。
私のこの本を読もうとおもったきっかけは、帯の「おれは、竜退治の騎士やねん」でしたhappy01
本当に意外なところをつかれました。

投稿: じょせ | 2008年7月22日 (火) 11時42分

こちらにも、失礼します。
この本、以前よみました。とてもよかったです。
リアルな重厚な話とはまた違うのに、本当に竜が見えるような、感動を覚えました。

>日常に一席を投じてくれた<竜退治の騎士>のようなものに出会いたかった。

深いですね…。そういえば、自分も学校、あまり好きじゃなかった(遠い目)。出来ればあんな存在に出会いたかったですね。happy01

投稿: カルミア | 2008年7月28日 (月) 20時58分

カルミア様
こちらにも、ありがとうございます。
岡田さんの本、とても好きなんです。
共感していただけてよかったです。

投稿: じょせ | 2008年7月28日 (月) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 狂王の庭 | トップページ | だれかののぞむもの »