« 竜退治の騎士になる方法 | トップページ | ゴルゴ13 »

2008年7月24日 (木)

だれかののぞむもの

Htbookcoverimage 岡田淳『だれかののぞむもの』理論社

フー、きみはだれなんだい?フーは…遠くの村からやってきたらしい。フーは…自分のことがわからないようだ。フーは…バーバさんも旅先で会ったという。こそあどの森にやって来たフーをめぐる物語。(抜粋)

***

久々にこそあどの森シリーズを読みました。

相変わらずいいお話です。

誰かの幸せの為にやっていたことが、結果、自分自身を失うことになるなんてこと、経験のある方はいらっしゃいませんか?

私は恋愛をしているときなどそうですね。

相手に良く見せようと自分を偽ったり、そのせいで無理をしてしまったことは多々ありました。

人を喜ばせようと頑張っているときは確かに楽しいですし、やりがいもあるって思いますけど、やっぱり自分を省みられないほどがむしゃらになることは周りに心配を掛けてしまいます。

教訓です。

相手を思いやることも、自分を思いやることも忘れずに、です。

|

« 竜退治の騎士になる方法 | トップページ | ゴルゴ13 »

作家あ行」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
「こそあどの森」シリーズは優しい雰囲気と絵が上手だから好きです。

ですね~。自分はよくやってるつもりでも、自己満足にすぎないこととかもありますしね。
無理をしないことが大事なんですね。

「フーにお戻り。自分のなりたい姿におなり」の台詞が印象的でした。

投稿: buudy | 2008年7月27日 (日) 12時08分

buddyさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
「自分のなりたい姿におなり」って、意外と難しいです。
自分の本当にのぞむものがわからなくなってしまうフーの気持ち、私にもなんだかわかるような気がします。

投稿: じょせ | 2008年7月27日 (日) 12時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 竜退治の騎士になる方法 | トップページ | ゴルゴ13 »