« 料理とは挑戦である | トップページ | お詫び »

2008年7月28日 (月)

ぬまばあさんのうた

Htbookcoverimage_2 岡田淳『ぬまばあさんのうた』理論社

こそあどの森シリーズ第8弾。

ポットさんとトワイエさんは湖に釣りに行き、ふたごは<ぬまばあさん>に出会い、スキッパーは石の声に耳を傾けた。

***

この世で大切なことは「聞くこと」。

人の声、森や動物、自然の声に耳を傾けること。

ポットさんのおじいさんの言葉です。

確かに大切なことですよね。

人の声はともかくも、自然の声に耳を傾けるなんて、私はきっと出来てませんねcoldsweats01

私たちがもっと自然の声、モノたちの声を聞くことが出来ていたら、変わっていたことはたくさんはあったでしょう。

大切なことを思い出させてくれる、

こそあどの森はそんな森ですbud

|

« 料理とは挑戦である | トップページ | お詫び »

作家あ行」カテゴリの記事

コメント

「ユラの入り江のおばあさま。
入り江の名前は呼び続けるからね」
この言葉がいかにもスキッパーだと思いました。
やっぱりこそあどの森は優しいですよね。

投稿: buudy | 2008年7月29日 (火) 16時39分

buddy様
スキッパーは本当に優しい子ですね。
石の声を必死で聞こうと頑張っていた姿は、なんとも愛らしかったです。
そしてbuddyさんが取り上げてくれた言葉、
「ユラの入り江のおばあさま。
入り江の名前は呼び続けるからね」
印象的でしたね。
この言葉がなければ、ぬまばあさんは救われなかったですよ。

投稿: じょせ | 2008年7月29日 (火) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 料理とは挑戦である | トップページ | お詫び »