« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月31日 (日)

やったぞ!再結成★

中学時代からファンだったDo As Infinityが今年の9月29日に再結成することが決まったそうです!

2005年に解散してから、ヴォーカルの伴ちゃんはソロ活動を続けていらっしゃいましたが、私はDo As Infinity時代のロックなテイストの伴ちゃんの曲が好きだったので、このたびの再結成は非常に喜ばしいものでありましたheart01

ライブなどには行ったこともない、俄かファンですが、Do As Infinityにもう一度会えることに本当に感謝しています。

メンバーの方、吉報をありがとうございますsign01

***

Do As Infinity「深い森

| | コメント (0)

2008年8月28日 (木)

美が結ぶ絆

徹夜して一睡もしていない(うたた寝の30分を除くなら)状態で、県立美術館に展示を観に行ってきました。

今やっているのは<美が結ぶ絆~ベルリン国立アジア美術館所蔵日本美術名品展~>です。

タダチケットがあるということで、友達数人ととてもラッキーな気分で参じたわけなのですが・・・

今回のメイン展示である「天稚彦草紙絵巻」は20日という短期間の展示期間を終え、紹介パネルだけが残されていたという、少々淋しい展示でありましたweep

まあ、狩野派の何人かと尾形光琳、広重、北斎などと巨匠の作品はまだいくつか残っていたので、そこは十分楽しませていただきましたup

これでタダとは非常にラッキーでしたshine

| | コメント (0)

FIRE FLIGHT

Photo FIRE FLIGHT 「UNBREAKABLE」

<強烈なギターリフとメランコリックな旋律は凛としたネオ・モダンロック・ヴォーカル・マナー>

このCDの紹介部分にこのように記載されてあったのでそのまま引っ張ってきました。

この度、本やDVDだけには飽き足らず、おすすめのCDの紹介まで手を広げることにいたしました。

あしからずです。

さて、私が今回特におすすめします楽曲はアルバムのタイトルにもなっています、「UNBREAKABLE」です。

始めは、とてもメロディアスでロックなところにただ惹かれたのですが、CDを購入し、歌詞を見て、また改めてこの曲が好きになりました。

簡単に言いますと、「諦めるな」とか「自分の殻をぶち破れ」という内容のものです。

ちょうど就職活動で行き詰まっていた時分にこの歌と出会ったので、なんだかとても運命的なものも感じました。

歌詞の意味を理解し、このプロモーションビデオを見ると、(最近涙もろいことも災いして)ちょっと泣けました。

何かに行き詰っている人に是非おすすめしたい一曲です。

| | コメント (0)

有頂天家族

31956923 森見登美彦『有頂天家族』幻冬舎

京都に住まう狸と天狗と美女、ときどき蛙らが織り成す毛玉旋風ストーリー。

偉大なる父が美味な狸鍋の具となるという、誠に悲しき思い出を引きずりながら糺の森に生きる下鴨一家。

長兄は真面目だが土壇場に弱く、次兄は蛙になって井戸の底深く引きこもり、三男は本話の主人公であり、阿呆の面白主義、末っ子はまだまだ兄たちに頼りっぱなしの泣き虫くん、そして母上は宝塚に夢中で、大の雷嫌い。

そんな家族だが、結束は固く、父亡き後もなんとかかんとか困難に立ち向かい、絆を深めてゆく。

***

図書館への返却日も刻々とせまり、今宵一気に読み倒しました。

今までの森見さんの作品にない、「家族のつながり」、そして「愛」なるものをひしひしと感じ取れる作品でありました。

阿呆で薄汚いけれども、そこには必ず何かしらの純粋さや愛があり、嫌おうとも嫌いになれぬ、何なんだろう愛しさがこみ上げてくるキャラクターたち。

そして何を考えておるのかわからぬ美女。

森見さんの作品には欠かせません。

図書館でこの本を見つけたときには、あやうく奇声を上げそうになるところでした(笑)

だって今まで本屋でしか目に出来なかった代物でしたから。

卒論に関する文献探しという当初の目的も忘れ、本棚からさっと抜き取り、足早にカウンターへ。

あやうく本来の目的を果たさぬまま帰宅するところでしたconfidentdash(ほっ)

まあ、結局後から理性を取り戻した私は、とりあえず卒論の方を優先的に進めることにしたので、読了は今頃にいたるわけなのですがsweat02

何はともあれ、この本も是非に私の本棚へ加えたい一冊であります。

図書館へ返してしまうのは本当に名残惜しい・・・

夜明けのコーヒーを啜りながら、こう思うのです。

赤玉ポートワイン・・・偽電気ブラン・・・誠にあるのならば是非飲んでみたい・・・bar

| | コメント (4)

2008年8月26日 (火)

CSI:科学捜査班シーズン4

Csi ラスベガスを舞台とした様々な事件を、 科学捜査の見地から解決していくサスペンスドラマ。

***

うちのバイト先のレンタルコーナーにようやく入ってきました、シーズン4ですhappy02

日本でもドラマで「科捜研の女」や「警視庁鑑識課」などありますが、海外の科学捜査は日本のものとはまた違った、ラフで密な感じがします。

事件発生率も向こうはこちらとは段違いに多いです。よって捜査にもスピード感のようなものがあります。

昼も夜もなく捜査が展開されていっています。

一話の中に二つの事件が存在し、捜査が同時進行されるのです。

時には二つの事件がリンクしたり。

とにかく面白いですhappy02

CSIはニューヨーク、マイアミと種類がありますが、私は断然、ラスベガスの初代CSI派です!

勝手な推察などはしない、証拠が全て。

汚い仕事も、捜査の為にやってのける姿が格好いいのですheart04

グロテスクな描写も多々ありますが、今では当初よりだいぶ慣れました。

死体役の人もさぞ大変なことでしょうsweat02

| | コメント (2)

2008年8月24日 (日)

白玉とヘアーアイロン

今日は、以前りんごさんのブログにお邪魔してから、叶えたい叶えたいと思っていた白玉作りに挑戦。

まあ、挑戦といえるほど難しいものではありませんが、久々の白玉のお味は美味でしたcatface

***

我が家にヘアーアイロンが届きました。

くるくるもまっすぐも出来るやつですsign05

でも、くるくるの方はなかなか大変で・・・coldsweats02

私が不器用なことも幸いしてか、どうやっても寝癖のようなのしか出来ないのですcrying

これじゃあ髪の毛をほっぽってた方がよっぽどですdown

どうしたらフェミニンなくるくるが出来るのぉ~???sad

| | コメント (2)

2008年8月21日 (木)

昨日の夜

昨日の夜は近くのジョイフルにて、友人2人とご飯を食べましたrestaurant

1人は今月末からアパートを引き払って実家へ。

もう1人は同時期カナダへ旅立ちますairplane

名づけて「ちょっと淋しくなるね、晩餐会」です。

まあ普通に近況報告してご飯を食べたというだけでしたがcoldsweats01

ご飯の後は大学のグラウンドで、ひっそりと花火もしました。

しばらくご縁がなかった花火です。

提案した友人より1本でも多くやってやろうと両手に持ってやってました(笑)

本当はその時にとった線香花火のMovieを一緒に載せたかったんですが、いろいろダウンロードしなければいけないようだったので断念down

でもキレイでしたshine

美しいものは本当に短命ですね・・・

| | コメント (0)

2008年8月20日 (水)

読書の近況

今、横着をしていろいろな本に手を出しては、なかなか先へ進めないでいますsweat02

今は卒論が最優先事項なので、卒論の本を優先的に読んでいた結果、趣味のほうがおろそかになってしまったのですbearing

只今・・・

森見登美彦『有頂天家族』

三浦しをん『白いへび眠る島』

読み進め中。。。book

早く結末が知りたい・・・

| | コメント (0)

2008年8月17日 (日)

ご冥福

今年は何かと警察の方とご縁があるようです。

今朝、警察の方がアパートにいらっしゃいました。

もちろん、私を逮捕しに来られたわけではありませんsweat01

私の真下に住んでいた方が亡くなっておられたそうで・・・

事件性は無いようなのですが、部屋の鍵が空いていたので念のため他のアパートの住人に何か変わったことはなかったか、事情を聞きにこられたのです。

突然のことで本当に驚きました。

言葉を交わしたことはありませんでしたが、私の部屋の真下にいらっしゃった方が亡くなったなんて・・・

少し怖くなりました。。。

お名前も存じ上げませんが、ご冥福をお祈り申し上げます。

| | コメント (0)

2008年8月16日 (土)

「ジェイン・オースティンの読書会」

Htavcoverimage ブリーダーのジョスリンは、愛に興味のない独身主義者。あるひそんな彼女の愛犬が他界してしまう。悲しみに打ちひしがれる彼女を元気付けるべく、友人たちは作家ジェイン・オースティンの作品について語り合う読書会を開こうと提案する。

*「ジェイン・オースティンは、人生の最高の解毒剤だから」*

6回の結婚歴を持ち、今は独身のバーナデット。

夫に浮気され、別居中のシルヴィア。

同性愛者で、シルヴィアの娘のアレグラ。

夫との関係がうまくいかず、教え子にときめいてしまう高校教師のプルーディー。

そして、読書会唯一の男性、ジョスリンがシルヴィアの新しい相手にと連れてきたSF好きのグリッグ。

オースティンの長編小説は6冊。

1冊ごとにリーダーを決めてやるのが読書会のルール。

メンバーも揃い、役割分担も決まり、いよいよ読書会がスタートする。

***

個性豊かなキャラクターたちだが、1人1人がとっても愛しく思えた。

ネタバレになってしまうのですが、ジョスリンは、犬を愛し、独身を貫こうとするのだが、シルヴィアの相手にと連れてきたはずのグリッグに、知らず知らずのうちに心動かされてしまう。

親友とくっつけるんだと自分の気持ちを押し込めて、グリッグにも振舞おうとするのだが、いざシルヴィアと親しげにしているところを見ると、イライラしてしまうbearing

そんなもどかしいところがなんだかとっても共感できましたhappy01

グリッグは、始めからジョスリンに気があって読書会に参加したのに、シルヴィアとくっつけようとする彼女に「?」と感じる。

彼は一途で、本だって食わず嫌いをしない。ちょっとおっちょこちょいなところがまたとっても魅力的なキャラクターですheart

バーナデットは年長者。経験も豊富で、みんなの姉貴みたいな存在。

みんなのことを気遣い、成り行きを温かく見守っている。

彼女がいてほっとします。

シルヴィアは、夫に浮気され一時はひどく落胆するのですが、読書会を重ねるごとにいつしかだんだんとふっきれていき、「これからは私らしく生きるわ」と凛とした女性に生まれ変わる。

ふっきれた後の彼女の立ち居振る舞いは格好いいですup

アレグラは、メンバー最年少。そして同性愛者(女性の場合でも「ゲイ」って言い方をするんですね)。

恋に多感でいろんな人とくっついたり離れたり、好き嫌いがはっきりしている。スカイダイビングなどちょっとデンジャラスなことにもチャレンジする。

両親が離婚というふうになったときも、母シルヴィアを支えながら、また自分の人生も謳歌する彼女の生き方にちょっと憧れます。

プルーディーは本当にまじめさん。まじめさんなので、些細なことにも敏感に反応し、傷つきやすいのですが、そこがまた愛らしい。

教え子にときめいてしまいますが、深みに落ちないようなんとか自制心を働かせ、最後はちゃんと夫とやり直そうと決意します。シルヴィアの旦那のように、脱線しなかった。立派です。

本が好きで、恋も好きな人におすすめな本当に素敵な映画です。

興味のある方は是非お試しあれnotes

| | コメント (2)

2008年8月15日 (金)

サリンジャー

夏文庫として買った一つ、サリンジャーの『ナイン・ストーリーズ』。

裏表紙の紹介を読み、これだ!とばかりに惹かれて買ったのですが、いざ読んでみるとさっぱりでしたsweat02

がんばって始めの「バナナフィッシュにうってつけの日」は読みましたが、その次の「コネティカットのひょこひょこおじさん」は3分の1まで読んで断念しましたshock

どんな世界観???

まったく感情移入できなかった作品でしたdown残念・・・

| | コメント (5)

2008年8月11日 (月)

いっちばん

Htbookcoverimage 畠中恵『いっちばん』新潮社

幼馴染の栄吉がお菓子作りの修業に行ってしまっため、少々淋しくなってしまった若だんな。

そんな若だんなを見るに見かねて、鳴家、屏風のぞき、鈴彦姫らは、誰がいちばん若だんなを喜ばせられるプレゼントを贈るか勝負をすることに。

妖たちが品物探しに奔走する「いっちばん」を始め、「いっぷく」、「天狗の使い魔」、「餡子は甘いか」、「ひなのちよがみ」5編を収録。

「しゃばけ」シリーズ最新刊。

***

図書館から借りていた本を優先させて読んでいたら、発売されてから読み終わるまでにずいぶんと時間がかかってしまいましたsweat02

ああ、でも今はすっかり読み終わって気分は晴れ晴れとしています。

今回も長崎屋では、一悶着も二悶着もあるようでhappy01

私が特に好きだなと思ったのは、「餡子は甘いか」と「ひなのちよがみ」でした。

「餡子は甘いか」は修業先での栄吉のお話で、今回は本当にお菓子作りに見切りをつけようか否かという、ちょぴっとシリアスな面もありました。

>「駄目なんだ。どうしてだ。何で不味いんだ?駄目だ。駄目、駄目、駄目!駄目で駄目でだめだめだめ・・・・・・」

「畜生・・・・・・」

でも悩んだ末、栄吉さんはやっぱりお菓子作りを続ける決心をします。

才能がなくったって、好きだという気持ちと努力で勝負すると固く決意するのです。

はなから才能がある人より、才能がなくて努力する人のほうが私は好きですね。

だってそのほうが格好良いですhappy01

今日改めてそう思いました。

そして、もう一方の「ひなのちよがみ」は、厚化粧だったお雛ちゃんの素顔が明らかになったお話。

誰もが見違えるような可愛らしいお嬢さんになったお雛ちゃんでしたが、きれいなものには何かと困った悩みがついてくるもので・・・

お雛ちゃんに言い寄る男の出現で、若だんなにもとばっちりがきてしまったり、心落ち着かぬ展開にもなりますが、結果的には学ぶところも多々有り、若だんなも一つまた成長するのです。

商いをするのって、やっぱり大変なんですねsweat01

| | コメント (4)

2008年8月 9日 (土)

シャッターチャンス

080808_145401_3   ←の写真は、昨日だったかな?

ちょっと面白い空をしていたので、おもわず写メールに収めましたcamera

バックの雲と、手前の雲との遠近感。

タイトルをつけるなら何でしょうか?

どなたか思いついたら教えてくださ~いhappy01

080809_221901_2 ←そしてこちらの写真はついさっき撮ったものなんですが・・・

わかりにくいですねsweat02

一応お月様です。半月のmoon2

写メールで撮るとどうしても形が変わってしまいます。

それから、実は色も白ではなく、赤です。

赤いお月様なんです。

うぅっ、上の写真とはえらい違いでごめんなさいsweat01

| | コメント (2)

2008年8月 7日 (木)

わたしのマトカ

51abtz37p9l 片桐はいり『わたしのマトカ』幻冬舎

映画「かもめ食堂」(主演:小林聡美)の撮影のために訪れたフィンランド。

そこでの撮影話、滞在記をまとめた一冊。

***

県立図書館でこの本を見つけたときは、喜びのあまり思わず万歳をしてしまいそうになりました(笑)

ぱせりさんのブログに掲載されていたのを発見し、

「これは読まねば!」

と思っていた一冊でした。

内容は、食べ物の話が半分以上でしょうか(笑)

未体験のものは食わず嫌いをしないという片桐さんの主義は、とても格好良くて、憧れるものがあります。

文章全体から、「後悔のない人生を送る」という溢れるチャレンジ精神が感じ取られ、片桐さんへの好感度が私の中でぐんとアップしました。

この本の中で印象深かった部分をちょっと抜粋。

>便器はあんぐり口をあけて水をながしながら、そうやってどこにでもすぐ馴染んで、ひとりでも生きていけます、みたいな顔をしていると、そのうちほんとうに誰からも心配されなくなっちまうよ、とわたしに忠告をした。

※「マトカ」はフィンランド語で「旅」という意味だそうです。

| | コメント (2)

2008年8月 6日 (水)

山口提灯まつり

今日は山口提灯まつりの日でした。

右下の写真が午後7時半頃に商店街。

左下の写真が祭りのメイン提灯ですflair

080806_193501_3080806_192401_3  左の写真はちょっとレアなんですよ。

中の字の部分が消灯するのは短時間なので、この瞬間を撮るのは難しいのですdash

一緒に行った友達の中でこの瞬間をおさめられたのは私だけheart

ちょっと優越感ですhappy01

足は痛いですが、焼き鳥も食べたし、はしまきも食べたし、大判焼きも食べましたrestaurantpig

よさこいも4組くらい見ました。

満足です!

| | コメント (0)

2008年8月 5日 (火)

12月通り25番地

Htbookcoverimage ヘレン・ウォード『12月通り25番地』BL出版

淋しい12月通りで見つけたおもちゃ屋さん。

そこには、ありとあらゆるおもちゃが溢れています。

少女は、ここなら探し物が見つかるかもしれないと、お店の中に入っていくのですが、このお店にはちょっと変わった先客がいたのです・・・

***

女の子がとても可愛らしいです。

見た目も赤ずきんちゃんみたいですが、それだけでなく、生まれたばかりの弟(妹かもしれません)のために、一生懸命クリスマスプレゼントを探す姿が、けなげで、抱きしめたくなっちゃいますhappy02

優しい絵本ですhappy01

| | コメント (0)

2008年8月 4日 (月)

あかりの木の魔法

Htbookcoverimage 岡田淳『あかりの木の魔法』理論社

こそあどの森に怪獣学者がやってきたsign02

湖の怪獣について研究する怪獣学者兼、腹話術師のイツカと、腹話術師の相棒であるカワウソのドコカ。

こそあどの森にも怪獣の調査のためにやってきたというのだが・・・。

***

とても印象的な言葉がありました。

>スキッパーに生命をつないでくれたのは、お母さんとお父さんです。その生命を守ってくれたのは、バーバさんです。

あかりの木の魔法がスキッパーに教えてくれたことです。

生命をつなぎ、生命を守る。

壮大な愛情を感じました。

そして、笑わないで欲しいのですが・・・

母に会いたくなりましたconfident

| | コメント (2)

2008年8月 3日 (日)

DVD「クローザー」

Htavcoverimage アトランタからLAに本部長補佐として赴任し、特別捜査本部のチーフに配属されたブレンダ・ジョンソン。

しかし彼女は、新参者と女であるという理由で、周囲となかなか打ち解ることができずにいた。

1人蚊帳の外のブレンダだったが、そんな逆境にもめげず、尋問のプロフェッショナルとしての手腕をもって、いつしか周囲を認めさせていく。

***

前回mixiにアップしたときはまだ1巻しか観ていなかった段階で感想を書いたのですが、ついさっきなんとか全6巻、制覇完了でしたので、このブログで再びアップすることにしました。

***

主人公ブレンダは、働く女性として見習いたいところがたくさんあるキャラクターでした。

スイーツが大好きで家族思い、片付けられない女で、上司は元恋人。

笑顔がとても可愛らしくて、一目で好感が持てました。

歯に衣は着せない人ですが(笑)、その尋問の手腕は確かなもの。

新参者・女性というハンディを抱えながらも、自分を貫き通し、事件を<クローズ>させていく彼女の姿は格好良く、なんだか元気をもらえました。

私もいつになるかはわからないけれど、職場では愛想を振りまくだけでなく、自分を貫く強さも持って社会に挑んでいける女でありたいなと思いました。

本当に面白かったです。

最終回は感動的。ちょっと泣けましたweep

セカンドシーズンも是非やってほしいですheart04

| | コメント (0)

2008年8月 2日 (土)

牛乳の悪夢

冷蔵庫に少しだけ中身の残った牛乳。

賞味期限は二日後。

空にするべく、牛乳を口に流し込んで思った。

「・・・まずい・・・」

もうそれは牛乳と呼べるものではなく、白く濁った苦い水と化していたのだ。

過去に、いつのまにか期限が過ぎ、酸っぱくなってしまった牛乳を飲んだ経験はあったが、今回はそれの比ではなかった。

毒でも盛られたのかと思ったほど。

何が原因???

この前停電で一度冷蔵庫の電源が落ちたこと?

温度調節が<中>じゃ弱すぎた?

教えておくれよ~crying

じゃないと今度から牛乳飲むの怖いじゃないかあ~sweat01

| | コメント (2)

2008年8月 1日 (金)

男は度胸、女は愛嬌、おかまは最強

某アニメの中でのおかまさんの台詞です。

素敵じゃないですか?

私おかまネタに弱いんですcoldsweats01

だからTBSの「おネエMANS」も好きですし。

おかまの友達が欲しいなあなんてことも思ってます(笑)

だって男性の気持ちも女性の気持ちも持っているなんてすごいじゃないですか!

おかまさんはだからこそ、最強なんですよhappy01

| | コメント (2)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »