« 山口提灯まつり | トップページ | シャッターチャンス »

2008年8月 7日 (木)

わたしのマトカ

51abtz37p9l 片桐はいり『わたしのマトカ』幻冬舎

映画「かもめ食堂」(主演:小林聡美)の撮影のために訪れたフィンランド。

そこでの撮影話、滞在記をまとめた一冊。

***

県立図書館でこの本を見つけたときは、喜びのあまり思わず万歳をしてしまいそうになりました(笑)

ぱせりさんのブログに掲載されていたのを発見し、

「これは読まねば!」

と思っていた一冊でした。

内容は、食べ物の話が半分以上でしょうか(笑)

未体験のものは食わず嫌いをしないという片桐さんの主義は、とても格好良くて、憧れるものがあります。

文章全体から、「後悔のない人生を送る」という溢れるチャレンジ精神が感じ取られ、片桐さんへの好感度が私の中でぐんとアップしました。

この本の中で印象深かった部分をちょっと抜粋。

>便器はあんぐり口をあけて水をながしながら、そうやってどこにでもすぐ馴染んで、ひとりでも生きていけます、みたいな顔をしていると、そのうちほんとうに誰からも心配されなくなっちまうよ、とわたしに忠告をした。

※「マトカ」はフィンランド語で「旅」という意味だそうです。

|

« 山口提灯まつり | トップページ | シャッターチャンス »

作家か行」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、じょせさん♪
わあ、読まれたんですね。
>未体験のものは食わず嫌いをしないという片桐さんの主義は、とても格好良くて、憧れるものがあります。
うんうん♪

>文章全体から、「後悔のない人生を送る」という溢れるチャレンジ精神が感じ取られ、片桐さんへの好感度が私の中でぐんとアップしました。
こちらにもうんうん♪
わたしも、この一冊で片桐はいりさんがとっても好きになってしまいました。
じょせさんが引用された便器のところ、あはは、最高です。(でも、どこにあったのか思い出せないです)
片桐さんのエッセイ、いつかもっと読んでみたいです。

投稿: ぱせり | 2008年8月 7日 (木) 19時33分

ぱせり様
さっそくコメントくださってありがとうございます!
便器のくだりは、片桐はいりさんがフィンランドから日本の自分の住まいに帰ってこられたときの場面から引っ張ってきました。
1ヶ月家を空けていただけなのに、トイレのレバーの場所を忘れてしまったはいりさんに、便器が「情けないなあ」と言っているようで面白かったので、抜粋してみましたhappy01

投稿: じょせ | 2008年8月 7日 (木) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山口提灯まつり | トップページ | シャッターチャンス »