« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月30日 (火)

雨の日は

私は運転すべきじゃないですっ!bearingsweat01

めっちゃ怖かったですsign04

安全確認もちゃんとしなきゃいけないし、40キロ出すところなんて、もうひやひやでしたdown

おかげでその直後のカーブのところでミスっちゃうし・・・

そのカーブは初めて「上手いね」って教官に褒めてもらえた自信のとこだったのに・・・

私はスピード狂にはなれないです、確実に、頭文字Dの世界なんてもってのほかという人種です。

S字とクランクは大丈夫みたいですが、雨の日・スピード・知らない教官(今日は担当教官ではない方とでした)は要注意ですdanger

緊張この上ありません。。。

| | コメント (2)

昨日の夜

中学・高校と一緒だった友達が、ママさんになりましたfuji

おめでとうsign01

なんかそれしか言えないや(笑)

ママになるって本当にどんな感じなのかなあ・・・

私にはまだまだ縁遠い話だけれど、やっぱりちょっとは想像してしまいます。

自分の血のつながった家族を授かる感じ、胸に抱いたときの温かさ、笑い顔etc

養子でもいいので、やっぱり子どもは欲しいなあup

だってやっぱり子どもは可愛いものheart

| | コメント (0)

2008年9月28日 (日)

天然

昨日、教習の先生に「君天然って言われない?」と大笑いされながら言われましたshock

えぇっ?!!!

そんなこと言われたことない・・・

なんだか私はたまに教官のツボにinするらしく、ここんとこは毎回笑わせてしまっています(笑)

私は天然なのか??

天然の人は自分のことを天然とはわかっていないから、私が天然である可能性もあるってこと?!

いやいや、長く付き合いのある友人からもそんなこと言われたことはないぞっsweat01

誰か違うと言って~~~crying

| | コメント (2)

2008年9月26日 (金)

この本が、世界に存在することに

Htbookcoverimage 角田光代『この本が、世界に存在することに』メディアファクトリー

本への愛情をこめて角田光代が描く新境地。泣きたくなるほどいとおしい、普通の人々の“本をめぐる物語”が、あなたをやさしく包む。心にしみる9つの短編を収録した短編集。 (抜粋)

***

今日のお昼ごろに借りて、夕方6時前には読み終わっていました(笑)

久々最短記録です。

とても読みやすかったのがまず第一にあります。

そしてストーリー。

自分が古本屋に売った本と海外で出会っちゃったり、誰のものとも知らない本から持ち主のことを勝手に想像してみたり、時には本が不幸の種になったり・・・

人には誰しも思い出深い一冊というものがありますよね。

私もすりきれるまで読みふけった本があったなあ・・・たくさんあったなあ・・・

・・・・・・

この本を読んだら、なんだか古本屋さんへ行きたくなっちゃいましたhappy01

長いときを超えてきた本の匂いを、今むしょうに嗅ぎたいです(笑)

| | コメント (0)

ぼんくら

Htbookcoverimage 宮部みゆき『ぼんくら』講談社

鉄瓶長屋からひとりずつ人が消えていく。店子を襲った殺し屋、差配人の出奔、謎の新興宗教騒ぎ。

これらの事件の陰に潜む地主の湊屋の陰謀を、同心の井筒平四郎とその養子候補の弓之助が暴いていく。

***

『ハリーポッター』シリーズ以来でしょうか、こんな分厚い本に挑んだのは(笑)

読むのにちょっと一苦労しましたが、面白かったです。

井筒の旦那というのがまあ面倒くさがりな性質なのですが、馴染み深い長屋の住人たちを放ってはおけず、頑張ってくれるのです。

そして話も中盤を過ぎた頃から、養子候補の美少年弓之助が登場。

旦那の頼もしいパートナーとなります。

見目形は美しく、頭も切れる弓之助ですが、おねしょ癖があるという子どもらしいところもありますhappy01

でもそこが可愛いのですheart04

また彼らのほかにも魅力的な登場人物たちでいっぱいです。

回向院の茂七さんも地味に登場します。

また、大店の湊屋の画策した陰謀に挑むという(現代に置き換えると大企業の陰謀に挑む平刑事?)スケールのでかいストーリーになっています。

さすが直木賞第一作ですshine

でもやっぱり文芸書で読むのは結構大変なので、私としては文庫の上下巻タイプをおすすめします(◎´∀`)ノ

| | コメント (2)

2008年9月25日 (木)

S字ぃ~~~!!(泣)

いつくるかと恐れていたS字コースの教習が、今日からスタートしてしまいましたcrying

とりあえず今日は入門篇。

教官がお手本を見せてくれたあとに、試運転。

やっぱり難しい・・・sweat01

実際本当にこんな道が山口にあるのかと思いながら、恐る恐るやりました。

はあっ、次もまたS字ですdown

夢に出てこないか心配です(´・ω・`)ショボーン

| | コメント (5)

2008年9月24日 (水)

コースをぐるぐる

今日も自動車学校car

実技のみです。

だいぶん運転するのにも慣れてきた・・・と言いたいところですが(笑)緊張しぃの私はまだまだ滑り止めの手袋をはずせませんcoldsweats01

というか最低卒業できるまではずせません(笑)

**

今日は左折中心のコースを回りました。

苦手だったカーブは、だいぶましになってきましたup

教官にも「君は事故に巻き込まれにくいタイプだよ」と言ってもらえました。

これは安全運転派ってことですよね?

良いお言葉をいただきました。

| | コメント (0)

2008年9月23日 (火)

クローザー~2ndシーズン~

Htavcoverimage CSI:5を制覇し、お次はこちら。

ブレンダはフリッツとの同居を初め、ポープは離婚し、ガブリエルはダニエルズと付き合い始めました。

環境の変化のオンパレードです。

今3巻まで制覇しました。

でもCSIを観てしまった後では、やはりテンションダウンdown

捜査方法もCSIの方が斬新で、見ごたえがありました。

でもCSIより残虐なシーンが少ないのは、クローザーの魅力の一つです(笑)

| | コメント (2)

2008年9月22日 (月)

悩み

最近、また宗教勧誘の訪問が増えてきました。

これまでは居留守を使ったり、これから出かけるなどの理由をつけてやんわり断ってきたのですが、なかなか引き下がってくれませんdown

やっぱり「興味がありません」ときっぱり言ってしまうほうがいいのでしょうか?

一度『カルトの子』という本を読んだのですが、そこに書かれたいた宗教者たちはムチャばっかりする人たちで、そのイメージがあるからか、強く断ったら何かしてくるのではないかと、心配になるのですsad

気の回しすぎでしょうか?

| | コメント (2)

2008年9月20日 (土)

自動車学校に行き始めて・・・

自転車に乗るとき、前よりちょっと安全運転になりましたbicycle

| | コメント (0)

2008年9月19日 (金)

車校3日目「ひぃ~」

今日は学科を一つ受けた後、実技でした。

急きょ、実技が50分分減ったのでそれはラッキーでしたが、今日は昨日以上にコースを走らされましたwobbly

続けざまに4周か5周くらい・・・

溝に落ちたりはしませんでしたが、まだカーブのところは怖くて、目が近くばかりを見てしまいます(泣)

教官からは、可もなく不可もなく「普通」だと言われましたshock

いや、上手いと言われることを期待できるほど良くはないと自負してましたが、こんだけ走って「普通」って・・・

これからバイトもあるっていうのに、エネルギーはがっつり無くなりましたdown

先が思いやられますsign04

| | コメント (2)

2008年9月18日 (木)

うぎゃー動いたー!!!!

自動車学校2日目car

今日は2教科分机上教育を受けた後、初実技でしたshock

体はがちがち、内心冷や汗たらたらで臨みました。

ハンドルどれだけきったらいいのかが一番わからなかったcrying

そして案の定、目線は手前になっちゃうし、アクセルはあんまり踏めないしsweat02

「初めはこんなもんだよ」と優しい教官が励ましてくれましたが、もう気分はズドーンですdown

明日はこの倍の時間、実技があります。

緊張しすぎて死にそう・・・crying

| | コメント (0)

2008年9月17日 (水)

科学の力はすごい!

「CSI:科学捜査班」のシーズン5の第21話を観ていました。

本当に最近の科学の力はすごいです!dash

土器に刻まれた溝から声を検出してました!coldsweats02

もうびっくりです。

これだから「CSI」は観るのを止められません(笑)

というかCSIの持っている知識の量っていったいどれくらいなんでしょう?

頭がパンクしそうなくらい膨大な知識量が無ければ、土器から音を取り出そうなんてこと考え付きませんよ!

知識って本当に偉大ですね。

私も生まれ変わって、理数系が苦手でなかったら、CSIになりたいな・・・

| | コメント (0)

どきどき入校日

自動車学校入校初日ですcar

緊張してますsweat01

時間は刻々とせまっている・・・

とりあえず行ってきます!

| | コメント (0)

2008年9月15日 (月)

白いへび眠る島

Htbookcoverimage 三浦しをん『白いへび眠る島』角川文庫

高校最後の夏、悟史が久しぶりに帰省したのは、今も因習が残る拝島だった。十三年ぶりの大祭をひかえ高揚する空気の中、悟史は大人たちの噂を耳にする。言うのもはばかられる怪物『あれ』が出た、と。不思議な胸のざわめきを覚えながら、悟史は「持念兄弟」とよばれる幼なじみの光市とともに『あれ』の正体を探り始めるが―。(抜粋)

***

しをんさん、こんな話も書かれるんだ~というノリで買った本です。

話の最後まで『あれ』のイメージがあまり想像できませんでした。

私の読み方が悪かったのかなあbearing

なので、あまりそういう切迫した場面でも恐怖を感じることがなく、いつのまにか話が終わってしまったという感じになってしまいましたsweat02

「持念兄弟」という設定は好きでしたが、二人の絆がもっと共鳴する場面がもう少しあれば良かったなと思いました。

| | コメント (0)

2008年9月14日 (日)

読書に迷う

今、三浦しをんさんの『白いへび眠る島』を読了してもいないのに、次は何を読もうかと思い悩んでいます(笑)

どうもせっかちでいけませんcoldsweats01

ちなみに今の気分の候補は、

●恩田陸『夏の名残りの薔薇』

●小池真理子『恋』

●真保裕一さんの作品のどれか

●宮部みゆき『ぼんくら』

宮部さんの本は今手元にあるのですが、一時宮部さんばかりを読んでいた反動か、なかなか本棚に手が伸びませんsweat02

タイトルと表紙だけで惹かれているのが、恩田さんの『夏の名残りの薔薇』です。

さあどうしましょ・・・

とりあえず三浦さん読みますcoldsweats01

| | コメント (4)

2008年9月11日 (木)

CSI:5

Htavcoverimage CSI:4を全部制覇し、今はシーズン5に突入中です。

こんなに見てるのにどうして飽きないんでしょう???

自分でも不思議です。

比較的飽きやすい性格なので、一つのものにずっと執着心を持っていられるなんて、相当にお気に入り証拠ですhappy01

今回もまた新たな展開note

DNAラボのグレッグが、いよいよ現場に出る!?

キャサリンの恋人の浮気、そして彼女は・・・

目が離せません((w´ω`w))

出来ればシーズン6も入れて欲しいのですが・・・

この前、さりげなく交渉してみたら、「だめ~」と言われましたcrying

諦めませんよ!私は!

社会人になったらDVD-BOXを買ってやりますよ!きっと!

大人買いです(*゚∀゚)=3

大人買い・・・本当にいつかやってみたいものです・・・

(例えば『ONE PIECE』全巻下さいとか、お気に入りのパンプスを色違いで~とか、「これいくらですか」と言って絵なんか買ってみたりしちゃって・・・(=´Д`=)ゞ)

| | コメント (0)

ゼミ旅行in津和野

080809_221901_2 Photo_2 1泊2日で津和野へ行ってきましたtrain

初日は森鴎外の旧宅と太鼓谷稲成神社へ。

左の写真は神社にて。

鴎外さんのところでは、鴎外の遺書や生前に書いた書簡などの展示品を拝見しました。

でも残念ながら写真は無しですcoldsweats01

Photo_3 次は、2日目に撮った写真camera

津和野名物<鯉>さんです。

どの鯉も餌をたっぷりもらっているのか丸々太っていて、泳いだり、止まったり、空に向かって口をパクパクさせたり。

おそらく金色の巨体が親分です( ̄ー ̄)ニヤリ

Photo_4 ほんでもって最後の写真は、小さな本屋さんの中ですやすや眠っていたゴールデンレトリバーくんheart04

めっちゃでかい子ですが、機嫌がいいのか、ただ睡魔のせいなのか、大人しく観光客の人たちに触られまくっていました(笑)

津和野の思い出に1枚思わずパチリcamera

| | コメント (2)

2008年9月 8日 (月)

ONE PIECE 51巻

Htbookcoverimage シャボンディ諸島のところですfish

ONE PIECEに関しては、もうあえてブログで語らずともいいかな~なんて思ってたのですが、その魅力は山より高く海より深しです。

今回の巻で一番好きなシーンはやっぱり、最後でルフィが友達の為に周囲の制止を無視して、天竜人を殴り倒すところheart

友達のために、いとも簡単に常識を覆すルフィはやっぱりかっこういいです!そしてゾロもhappy02

新刊が出たばかりでなんですが、早く続きが出ないかなあ~note

| | コメント (2)

2008年9月 7日 (日)

人形は時を経て陽の光を浴びる

080902_145701 実家では、母がいろいろと家中を片付けていました。

そして出てきたのがこの人形です。

亡き祖父が生前私に買ってくれたものです。

もう十年以上前になりますが。

母が汚れるといけないと思い、しまい込んでいたのです。

「私ってそんなに信用がないかしら?」と、内心思いましたが、これは口には出しませんでしたcoldsweats01

よくよく見ると私の小さかった頃に似ています。

・・・

私だけの主観で言っているんではありませんよsweat01

これは母が最初にそう言ったのです。

父(私にとっては祖父)は、だからこそこの人形を買ってきたのだろうと。

どこの国のお土産だったかはもう忘れてしまいましたが・・・

虫にも食われず、十数年間、無事でいてくれたことに本当に感謝しています。

祖父の形見でもあります。

これから、私が死ぬまで、どうぞ末永いお付き合いをよろしくお願いします。

| | コメント (0)

紅茶姫

ここ約1週間ほど実家に戻っていたのですが、その間、私は紅茶ばかり飲んでいましたcafe

いつもはお茶、ときどきジュースしかない冷蔵庫に珍しく紅茶があったものですから、なんだか感動してしまって(笑)

朝起きたときに一杯、おやつのときに一杯、歯を磨いて一杯、勉強の合間に一杯、食事のお供に一杯∞

母には、「えっ、もう紅茶なくなったの?!」という台詞を何度も言わせたものです。

いわば私は<紅茶姫>と化してしまったわけですhappy01

アパートに戻ってからもさっそく作って、今冷蔵庫で冷やしています。

ただ、プリンス・オブ・ウェールズは苦手ですbearing

| | コメント (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »