« ぼんくら | トップページ | 天然 »

2008年9月26日 (金)

この本が、世界に存在することに

Htbookcoverimage 角田光代『この本が、世界に存在することに』メディアファクトリー

本への愛情をこめて角田光代が描く新境地。泣きたくなるほどいとおしい、普通の人々の“本をめぐる物語”が、あなたをやさしく包む。心にしみる9つの短編を収録した短編集。 (抜粋)

***

今日のお昼ごろに借りて、夕方6時前には読み終わっていました(笑)

久々最短記録です。

とても読みやすかったのがまず第一にあります。

そしてストーリー。

自分が古本屋に売った本と海外で出会っちゃったり、誰のものとも知らない本から持ち主のことを勝手に想像してみたり、時には本が不幸の種になったり・・・

人には誰しも思い出深い一冊というものがありますよね。

私もすりきれるまで読みふけった本があったなあ・・・たくさんあったなあ・・・

・・・・・・

この本を読んだら、なんだか古本屋さんへ行きたくなっちゃいましたhappy01

長いときを超えてきた本の匂いを、今むしょうに嗅ぎたいです(笑)

|

« ぼんくら | トップページ | 天然 »

作家か行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ぼんくら | トップページ | 天然 »