« ちょっと落ち込んだ話 | トップページ | 気持ち切り替えます »

2008年12月 3日 (水)

くやしい

先ほど、人事の方から連絡がありました。

地域社員に変更の件、「不可」だそうです。

・・・

今の気持ち、何と言葉に表したらいいのでしょう。

今まで信頼を傾けてきたはずのものへ、一変して拒絶したくなる気持ち。

「正社員」ってなんでしょう。

「契約社員」ってなんでしょう。

呼び名を区別するということは、この二つは別のものであるということ。

まだ入社してもいないうちから、業績を勝手に評価されてしまったようなこの気持ち・・・

やり場のないこの気持ち・・・

どうすればいいのでしょう。

なぜ今なのでしょう。

なぜ今、試験的に地方社員も年間契約社員とみなすというお触れが出されなければならかったのでしょう。

これから頑張ろうと思っていた矢先、なぜこんな一石を投じられるのでしょう。

信頼という気持ちだけに頼り切っていた自分の甘さがくやしい。

「この会社で働きたいのだ」と公言しながら、今はその逆の気持ちに移行しつつある自分がくやしい。

ただ受け入れるという選択をしてしまった自分、どう抵抗すればわからなかった自分がくやしい。

|

« ちょっと落ち込んだ話 | トップページ | 気持ち切り替えます »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

厳しいですね。
この時期になってというのも辛いですね。
自分のことのようにショックです。

”試験的に”というと、突然変更になったのでしょうか?
また、入社後の実績次第で正社員になれる可能性がのこされているのでしょうか?
それなら、頑張ってみられるのもいいと思いますが、条件にどれだけ差があるのかがよく解りませんが、「地方社員」は、何年たっても「契約社員」だとすると、考え直す必要があるかもしれませんね。
一度、大学へ相談されてみてはいかがですか?

あまり、お役に立てなくてごめんなさいね。

投稿: 青子 | 2008年12月 3日 (水) 19時40分

青子様
はい、突然の変更でした。
入社後、正社員になれる可能性についても伺いましたが、その返答も「不可」でした。
大学へはまだ相談していません。
正直、現状を受け入れざるを得ないのかな・・・と考える自分がおります。情けない話です、本当に。
でも今は、差し迫った卒業論文の提出の方に頭を傾けなければならない状況にもあり、弟の再就職が決まらず、私が家族のための砦にならねばならないプレッシャーもあり、気持ちは「受諾」という悲しい答えの方にどうしても向かってしまうのです。。。
社会に出る前からこんな困難が襲い掛かってこようとは、予想だにもしていませんでした。
やり場のない気持ちを少しでもごまかしたくて、いけないとわかっていながら、やけ食いもしました。お酒も飲みました。おかげで先ほど一度お腹も下しました。
そして今、こうして青子さんのコメントを読みながら目が潤んでいる自分がいます。
くやしいと思う気持ちはどんなにやけ食い、やけ酒しても変わっていません。
でも、とりあえず今私がすべきことを考えたとき、それはやはり親が頑張って行かせてくれた大学をまずは無事に卒業することだという結論に行き着きました。
まずは当面の目標は卒業論文です。
きちんと卒業したいです。
不安は抱えたままですが、私にはこうして温かい言葉を掛けてくださる青子さんのような方がいらっしゃいます。
お顔は見えないけれど、こうして心強い言葉を掛けてくださる青子さんの存在が私にとってどれほど大きなものか・・・
「お役に立てなくて・・・」なんておっしゃらないでください。
私には十分すぎるほど励みになっています!
「自分のことのようにショックです」とおっしゃってくださった青子さんの言葉が、今の私にとってどれほどうれしいものか・・・
ありがとうございます。

なんとかします!大丈夫です。
私、もっと強くなります。

投稿: じょせ | 2008年12月 3日 (水) 21時33分

こんにちは。私うるうるきちゃいました。
今まで読んだ本の中でよく感じたのは、
「一個人は歴史や組織に翻弄されると、全く無力だ」ってこと。
じょせさん!こんな状態で、春から意欲的に働け!っていうほうが無理でしょう。
「世の中なんて、こんなもん」って割り切るべきか?入社できるだけありがたいと思うのか?さまざまな見方があるかと思います。

大学の就職課には、事実を話したほうがいいかと思います。他にも似た事例があるかもしれないので、「餅はモチ屋でございます」

投稿: ほっそ | 2008年12月 4日 (木) 08時23分

ほっそ様
おはようございます。
そしてありがとうございます。
大学の方には一応報告したいと思います。
ただまたくやし涙が出てきてしまいそうで・・・

>一個人は歴史や組織に翻弄されると、全く無力
悲しいかな、その通りなのですね。
社員を子どものように大切にする会社と伺っていましたのに、この仕打。
言葉を額面どおり受け取ってはならないという教訓をたたきつけられた気持ちです。。。

投稿: じょせ | 2008年12月 4日 (木) 09時52分

じょせさん、お久しぶりです。

内定取り消しのニュース(じょせさんは違いますが)をTVで厳しいなと思って見ていたので
じょせさんの日記を読んで私まで悔しくなってしまいました><
じょせさんが「家族のために砦に」という言葉、涙が出そうになります。
卒業論文もあるのに本当に厳しいですね。

青子さんやほっそさんへのお返事も読ませてもらいましたが
このままだと正社員に変更は不可なんですね。
正社員と契約社員では待遇がかなり違うと聞きます。
何もアドバイスできないのが辛いですが、
皆さんがおっしゃっているように大学へは相談してみてくださいね。
少しでもいい方向に向かいますように。


投稿: はぴ | 2008年12月 5日 (金) 07時16分

はぴ様
ご無沙汰していました。
はぴ様にも優しいお言葉をかけていただき、私は本当に幸せ者です。

待遇の件なのですが、人事の方はボーナスもインセンティブ制で、実績次第で支払われるし、昇給もあるというふうにおっしゃっていましたが・・・契約社員は何よりも「切られやすい」ですよね。
そこに私は正社員との天と地ほどの差を感じています。
もし入社して、たった数年後に解雇されたら・・・そんな不安が今も私の心を苦しめています。
内定を取り消されるよりは確かにましかもしれません。
ですが、私はまだそのように前向きに捉えることができません。。。
できればずっとこの会社で働いて、「うちにおいで」とおっしゃってくださった人事の方の言葉に報いようと思っていましたが・・・あのときの人事の方の言葉さえ、結局嘘だったのだと思うようになってきている始末です。

とりあえず当面は卒業論文に心を傾けられるよう、気持ちを立て直していくつもりです。
はぴさんまで、暗い気持ちにさせてしまってごめんなさい。
そして、温かいコメントありがとうございました。

投稿: じょせ | 2008年12月 5日 (金) 13時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ちょっと落ち込んだ話 | トップページ | 気持ち切り替えます »