« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月31日 (火)

本日のお買い物

本屋さんで、江戸川乱歩の『D坂の殺人事件』、『一日一行!英字新聞リーディング』を購入。

食品売り場のお菓子コーナーで、ボンタンアメに心奪われ、購入。

CD屋さんで、格安CDコーナーの中から、the brilliant greenの「TERA2001」を¥300で購入。

乱歩もブリグリも初挑戦sign01

乱歩はまだ読んでいませんが、ブリグリの方は車の中で全部聴いてしまいましたnote

懐かしい「そのスピードで」が入っていましたconfident

¥300なら安かったんじゃないかなと思いますhappy02

オレンジペコーとUAも買ってしまえばよかったかな・・・?

| | コメント (0)

2009年3月30日 (月)

『妖怪アパートの幽雅な日常①』

Htbookcoverimage 香月日輪『妖怪アパートの幽雅な日常①』講談社

共同欲情は地下洞窟にこんこんと湧く温泉、とてつもなくうまいご飯を作ってくれる「手首だけの」賄いさん――

十三歳で両親を失った俺が高校進学と同時に入居したのは人呼んで“妖怪アパート”!次々と目の当たりにする非日常を前に、俺の今までの常識と知識は砕け散る。(裏表紙より抜粋)

***

思い切って新しい作家さんにチャレンジしてみました。

『拝み屋横丁顛末記』のような匂いのする本作は、私の期待していた感じとはちょっと違っていましたsweat02

漫画を文庫にしたような内容で、ちょっとかっこつけかな?(この本好きな人ごめんなさいsweat01)2月を“如月”と書いちゃうところなんかが、男子高校生らしからぬ言い方で、私はちょっと違和感を感じてしまいました。なぜ?作者さん。。。

でも好きな台詞もありました。

96-97頁「“不思議”は、すぐそこにあった。人の手の届くところに。人のすぐ隣に。人と不思議は共存していたんだ。それが当たり前だった。人間たちが“合理性”“便利性”を優先させるため一方的に切り捨ててしまったのは、目に見える自然だけじゃないんだな」

という台詞です。

なんだか感慨深くなってしまいました。

| | コメント (0)

2009年3月29日 (日)

高校同窓会

昨日は恒例となりました、高校の同窓会でした。

今回は男子4名、女子8名という小規模会。

小さな焼き鳥屋さんで、ひしめき合いながらの3時間でしたup

私は久々の参加だったので(と言っても1年ぶりくらい)、情報が多少私だけ遅れていたりということがあったりはしましたが、皆元気そうで何よりでしたhappy01

ただ少々ショッキングなこともありまして・・・

なんと、私の現想い人さんに彼女がいらっしゃるという情報が・・・

一瞬放心してしまいましたcoldsweats02

いやいや、でもここは相手の幸せを願って「おめでとう」と一言述べるべきでは・・・?

半ば放心の解けぬまま、想い人さんにメールをポチポチ・・・

ああ、やっぱり私は新しい恋に踏み込まなければならないのだわ、と一人心にどんよりを抱えながら、お酒を2杯barつくねと豚バラともちチーズをぱくぱく。。。

そして返ってきました、メールさんmailto

意を決して開いてみると・・・

彼女さんは過去にいただけで、現在はいないのだとか!

ほっ・・・confident

でもいたんだ・・・彼女さん・・・心はまだちょっとどんよりdown

もうしんどいです、私。

遠方の地にいる人を想うということが、どれだけしんどいことかbearing

私に新しい恋をさせてください、神様。

じゃないと私、片思い禿げができてしまいそうです。。。crying

| | コメント (0)

2009年3月27日 (金)

『しあわせのねだん』

Htbookcoverimage 角田光代『しあわせのねだん』新潮社

最新の電子辞書にえいやと24000円を払ったら、品物と一緒にうたぐりぶかい自分がついてきた。アジアン定食8NZドルで寛容に触れた。人助けに出した1000円には今も怒りが収まらない。生きていれば自然とお金は出ていって、使いすぎればサイフも気持ちもやせるけれど、その全部で私は何を買ったことになるんだろう。家計簿名人のカクタさんが、お金を通して人生の謎に迫る異色エッセイ。(裏表紙より抜粋)

***

異色エッセイなどとは書かれていますが、身構えることはありませんでした。

角田さんの私生活を、モノの値段を通じて考察しているという感じで、なかなか楽しく読めました。

しかし、社会人値段ですね~sweat01

冷蔵庫136000円とか、松茸4800円とか。

まだ一応学生の私は、20000円の冷蔵庫に100円のエリンギでございますwobblysweat01

けれど、角田さんと私には共通点もありました。

短気なところと、心配性なところと、魚が嫌いなところfish

短気といいましても、ところかまわず怒って怒鳴りまくるのではなくて、怒りを内に秘めるタイプです。

悪く言えば心が狭いということ(笑)

寛容でないので、魚もいまだ倦厭してしまう(食べられないことはないけれどsweat02)。

皆様、好き嫌いはよくありませんね。

食べる必要のないものを無理に食べるなどということはいたしませんが、今後は角田さんに見習って、少しずつ「嫌い」をなくしていきたいと思います。

| | コメント (0)

2009年3月25日 (水)

2009年3月25日 今日の確率

今日じょせが無難に過ごす確率 45%
今日じょせがなんかモヤモヤする確率 97%
今日じょせがずっと逆側にフタを捻っている確率 34%
今日じょせの存在が薄い確率 44%
今日じょせが友達に出し抜かれる確率 62%

またやってしまいました、今日の確率。

私は今日なんかモヤモヤするみたいですね~まあ、ここんところずっとモヤモヤしていますが(笑)

ただ、聞き捨てならないのは「今日じょせが友達に出し抜かれる確率」。

誰?!誰が一体私のことを出し抜こうとしているの?!

誰か私の想い人さんを好きになろうとしているならやめて~~wobbly

| | コメント (0)

2009年3月23日 (月)

『恋文の技術』

Htbookcoverimage 森見登美彦『恋文の技術』ポプラ社

京都の大学から、遠く離れた実験所に飛ばされた男子大学院生が一人。

無聊を慰めるべく、文通武者修行と称して京都に住むかつての仲間たちに手紙を書きまくる。

手紙のうえで、友人の恋の相談に乗り、妹に説教を垂れ――

「一筆啓上」

「文筆万歳!」

男も女も、手紙を書くのだ!

(帯より大半抜粋)

***

森見さんの最新刊ですbook

書店の平積みのところで見つけるなり、即購入いたしました。

本作品は書簡体小説でございました。

私自身も、書簡体小説というのは初めての試み。心して拝読いたしました。

この本の主人公守田一郎は、ご都合主義で偏屈な、恋する大学生(笑)

→例えば、友人の恋を応援しているかと思いきや、いざ成就したと聞くとさっさと別れてしまえと言う偏屈ぶり。

「鬼軍曹」と呼ばれる先輩研究生から、お前はだめだと叱咤される日々に憂い、「私史上最悪厄介なお姉様」である大塚女史に、実験ノートとパソコンを奪われるという、悪質極まりないいたずらに泣き、かつて同じ研究室にて苦楽を共にした伊吹夏子氏に心奪われるsign05heart

愛しい彼女をゲットすべく、作家森見登美彦氏に恋文の技術を乞う。

アドバイスを受けるも、書いているうちに方向性を失い、結果完成にいたらず、また苦悩の日々・・・

世の草食男子たちも、たまにはこの主人公のように、恋文の一通でも書いてみようと試みてほしいものです。

私はまだ一度だって、恋文という心ときめくものをいただいたことがない(書いたことはあるが玉砕した(笑))。

たやすく恋文をもらえるほど私はモテ女ではないがsweat01、生涯にたった一度でもいいから、恋文を送ってくれるような文筆青年に出会ってみたいものだなあ。

注:本書には極めて頻繁に「おっぱい」という言葉が出てくるが、決してエロ本ではありません(笑)

| | コメント (2)

2009年3月21日 (土)

2009年春

090321_151001 お彼岸のため、お墓参りに行くと、桜がもうこんなに咲き誇っていましたcherryblossom

桜さん、ナイスショットですcamera

そういえば卒業式のときも、売店近くの桜が、わずかながらでしたがもう咲いていました。

すっかり春ですね~

4月の私の誕生日まで咲いていてくれるでしょうか。

もう少しがんばってくださいね、桜さんnote

| | コメント (0)

2009年3月19日 (木)

再会の顛末

今日、本当にちょっとだけ、想い人さんとお会いしてきました。

向こうが時間がなかったことと、私が昨日の式の疲れで爆睡し、彼のメールに気づかなかったことがあいまって、お話できたのはたった十数分bearing

でも、待ち合わせ場所で車に乗った彼が車中から手を振ってくれたとき、私の心はまだ完璧に彼の元にあるんだなと確信しました。

本当はもっといろいろなお話がしたかったです。

でも向こうはこれから用事があるみたいですし、また今週末には東京へ帰っていってしまうそうですweep

もっと一緒にいたかった・・・・・

またあなたに会いたい・・・・・

やっぱりまだ大好きです!bearingheart01heart01heart01

| | コメント (6)

卒業式

Y大学の卒業式が本日行われました。

それに出席すべく、私は朝4時に起き、車で片道1時間15分cardash

初めての夜道運転でした・・・night

夜道って、視界が限られてしまってやっぱり怖かったですwobbly

まあ、何はともあれ目的地には無事到着し、キツキツの袴姿で約5時間clock

うちのゼミの先生ともばっちり記念撮影camera

本当にいろいろとご面倒をおかけいたしましたsweat01

なんとか巣立ちますが、今後何かまた行き詰ったことがあったときには、愚痴りにくるかもわかりません(笑)よろしくどうぞですm(_ _)m

| | コメント (0)

2009年3月16日 (月)

ホワイトデー

ちょっと時期はずれてしまいますが、ホワイトデーのお話です。

私は先月のバレンタインデーの日に、作ったチョコを写メで撮りcamera、想い人さんに送りましたmail

このとき向こう様は丁寧にお礼の返信を返してくれて、私はそれだけでうれしかったのですが、先日のホワイトデーの日にも彼はメールを送ってくれたのですup

何もなくてごめんなさい、と。

彼のほうからメールを送ってくれたのは今回が2度目くらいかもしれません。

いつも一方通行だったメールのやり取り。

だから余計に今回のメールはうれしかったのでしたbearing

噛みしめるは小さな幸せ。

「さよなら」は次へのステップ。

恋する気持ちは、もうそろそろ胸の奥にしまわなければ溢れてしまいそうになる。

だから溢れる前にふたをして、私は彼の幸せを願わなければいけないのに・・・

ジレンマです。。。

| | コメント (0)

2009年3月14日 (土)

ST警視庁科学特捜班

Htbookcoverimage 今野敏『ST警視庁科学特捜班講談社

多様化する現代犯罪に対応するため新設された警視庁科学特捜班、略称ST。繰り返される猟奇事件、捜査陣は典型的な淫楽殺人と断定したが、STの青山は一人これに異を唱える。プロファイリングで浮かび上がった犯人像の矛盾、追い詰められた犯罪者の取った行動とは。痛快無比エンタテインメントの真骨頂。

***

hitoさんが読まれていたのを拝見しまして、興味を持ちました。

おっしゃるとおり、漫画にあるような世界観で描かれている登場人物たち。

謎の美女に、中国マフィア、麻薬、娼婦・・・と刑事ドラマにはお馴染みのファクターが満載の一冊となっています。

これは小説であるよりも、ドラマや漫画の世界のほうが向いていますね、たぶん。

私は少し「CSI」のような感じをこの小説に期待していたのですが、CSIとはまたちょっと違った感じです。

はみ出しものの分析官たちの集合体。

はみ出し物同士が秩序を生み出させるのがどうかは本当は疑問ですが、この小説の中ではそれぞれの個性が立った上でもなんとか集合体としてSTが成り立っていて、しっくりくるような感じになっています。

| | コメント (0)

遠出

今日、実家のあるN市から、就職先のあるH市まで出かけてきましたdash

手段は叔父から借りた車で、運転は私です。

距離は・・・どれくらいでしょうか?初心者のハンドルさばきで2時間かかりました。

こんな長距離は教習でも運転していません。

おかげでどっと疲れが出ましたwobbly

けれど、達成感はありますup

ゼミの先生への贈り物と、遅くなりましたが友達の出産祝いを買い、H市の不動産屋さんにアパートを借りるための書類も提出してきました。

来週の卒業式へ出席するための下見もできましたし(卒業式には、実家から大学のある場所まで私が車をレンタルして赴くことになったので)。

この疲労は、言ってみれば「名誉の疲労」と相成るわけでございますhappy01

お疲れ様私、そしてお疲れ様、カーナビの替わりとなって助手席で地図とにらめっこしてくれたお母さん。

| | コメント (2)

2009年3月12日 (木)

相棒~新相棒~

先日「相棒」の水谷豊さんの新相棒が決定したとニュースで出ていました。

昨日の予告でも。

まさか、ミッチーをここで持ってこようとは・・・びっくりでしたcoldsweats02

母と一緒に「え~っ!!!」と絶叫(笑)

キャラクター的には右京さんと似てる?

来週の放送が楽しみですup

| | コメント (0)

2009年3月10日 (火)

ONE PIECE 53巻

Htbookcoverimage 尾田栄一郎『ONE PIECE 53巻』集英社

先週発売された最新刊ですup

バーソロミュー・くまによって離散させられた麦わら一味。

仲間を救えなかったと悲嘆にくれるルフィが肉球で飛ばされたのは、アマゾン・リリーという女人島だった。

***

最近、文庫本の読み進みが芳しくありませんgawk

引越しをして今はなんとか落ち着いているので、またバタバタしてくる前に読みたい本は読んでおこうと思います。

これもその一つ(笑)

王下七武海でもある女帝ハンコックと出会うの巻です。

サンジだったら・・・技を使わなくても石化してしまうのでは?(笑)

今回も見ごたえ、読み応えたっぷりですnote

女人島編が終わると次はインペル・ダウン編です!

今本編はどこまで進んでいるのでしょう・・・?

| | コメント (0)

2009年3月 7日 (土)

久々の運転

今日3ヶ月以上ぶりに車を運転しましたcar

初めての軽、そして新車(叔父の車)にもうドキドキ&ひやひやでしたbearing

しかもこの車、チェンジレバー、サイドレバーの位置が教習車とは違ったため、目的地の途中までサイドレバーがかかったまま走行というまぬけなことをしでかしたり、スタートは恐ろしくて40キロしか出せていなかったりと、とんだドライブでございました(笑)sweat01

みなさん、どうか笑わないでくださいねsweat01

次からはもう少しましな運転ができるよう心がけますからbearing

| | コメント (0)

卒業旅行最終日

朝7時5分起床ののち、8時45分頃チェックアウト

模範タクシーに乗り、宗廟へcar

宗廟から昌徳宮へ

徒歩で景福宮へ

090305_115001

景福宮の中にある国立民俗博物館へ

タクシーでホテルへ

免税店で最後のお買い物moneybag

15時にガイドのパクさんと待ち合わせ、バスで仁川空港へ

17時前にチェックイン。搭乗時間までお茶しながらおしゃべりjapanesetea

18時半の飛行機に乗り福岡へairplane

帰りの列車に間に合うよう、到着後はひたすらダッシュdash

22時を回って、ようやく山口に到着。私は友達の家へhouse

▼後半は、重いスーツケースを引きずりながらとにかくダッシュしていましたsweat02

慌しい最終日となりましたが、このメンバーで学生最後の旅行ができたこと、本当にうれしく思います。

ありがとう、みんな!

そしてありがとう、韓国good

ハングッ チェゴ!(韓国最高)happy02

| | コメント (4)

卒業旅行2日目

朝7時半に起床clock

9時の無料シャトルバスに乗り、明洞へbus

南大門市場へ

明洞のメインストリートにてお買い物moneybag

韓国コスメを大量買いheart

お昼は明洞餃子というお店でカルクッスをrestaurant

ここのキムチが激辛impact

明洞聖堂へ

090304_135801

スタバで休憩cafeののち、再び仁寺洞へ

お土産購入

免税店でお買い物

味加本でお粥の晩御飯restaurant(私はおしるこのお粥なるものに挑戦!)

090304_173901

19時の無料シャトルバスにてホテルへ

部屋をチェンジし、おしゃべりしながら0時頃に就寝sleepy

▼途中日本語でしゃべりかけてくる変なおばちゃんに捕まってしまったり、多少のアクシデントはありましたが、コスメはたっぷり買うことができましたし、とても充実した2日目でした。

| | コメント (0)

2009年3月 6日 (金)

卒業旅行1日目

朝4時半に起床

10時半の飛行機に乗り、韓国へ

1時間ほどかけてソウル市街地へ。新羅免税店でショッピング★

アカスリ組と観光組に別れる。私は仁寺洞と東大門市場へ。

晩御飯は海鮮鍋&チヂミ♪

090303_174401

ホテルにチェックイン。明日の予定を話し合って、0時に就寝。

▼韓国の運転はとっても荒いのでした(≧ヘ≦)飛行機も揺れて初日はかなり気持ち悪かったです。
東大門では現地の人に腕を引っ張り回されて、くたくた(>Σ<)
でも初キムチはなかなか美味でした。

| | コメント (0)

2009年3月 3日 (火)

出発 いざ韓国へ

今から列車を乗り継いで福岡空港まで行きます。

さあ、いよいよ待ちに待った旅行ですairplane

皆様行って参りますdash

※コメントの返しなど、遅くなりますがご了承ください。

| | コメント (2)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »