« 2009年3月25日 今日の確率 | トップページ | 高校同窓会 »

2009年3月27日 (金)

『しあわせのねだん』

Htbookcoverimage 角田光代『しあわせのねだん』新潮社

最新の電子辞書にえいやと24000円を払ったら、品物と一緒にうたぐりぶかい自分がついてきた。アジアン定食8NZドルで寛容に触れた。人助けに出した1000円には今も怒りが収まらない。生きていれば自然とお金は出ていって、使いすぎればサイフも気持ちもやせるけれど、その全部で私は何を買ったことになるんだろう。家計簿名人のカクタさんが、お金を通して人生の謎に迫る異色エッセイ。(裏表紙より抜粋)

***

異色エッセイなどとは書かれていますが、身構えることはありませんでした。

角田さんの私生活を、モノの値段を通じて考察しているという感じで、なかなか楽しく読めました。

しかし、社会人値段ですね~sweat01

冷蔵庫136000円とか、松茸4800円とか。

まだ一応学生の私は、20000円の冷蔵庫に100円のエリンギでございますwobblysweat01

けれど、角田さんと私には共通点もありました。

短気なところと、心配性なところと、魚が嫌いなところfish

短気といいましても、ところかまわず怒って怒鳴りまくるのではなくて、怒りを内に秘めるタイプです。

悪く言えば心が狭いということ(笑)

寛容でないので、魚もいまだ倦厭してしまう(食べられないことはないけれどsweat02)。

皆様、好き嫌いはよくありませんね。

食べる必要のないものを無理に食べるなどということはいたしませんが、今後は角田さんに見習って、少しずつ「嫌い」をなくしていきたいと思います。

|

« 2009年3月25日 今日の確率 | トップページ | 高校同窓会 »

作家か行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2009年3月25日 今日の確率 | トップページ | 高校同窓会 »