« 4月~今日にかけての読書事情 | トップページ | 『ほんじょの虫干。』 »

2009年5月19日 (火)

たなぼた

今日、とある古本コーナーをとことこと歩いて回っておりましたら、

なんと!東野圭吾さんの『ガリレオの苦悩』を発見したのでありますeyesign03

しかも値段を見てみると、¥800でsign01

見た目は結構きれいなのに、¥800でいいんですかsign02お店の方coldsweats02

いそいそとレジカウンターへ持っていきました、私。

一緒に見つけた、本上まなみさんの『ほんじょの虫干』(¥100)も共に。

***

大きなさよならもあったけれど、小さな出会いを少しずつ積み重ねていって、ちゃんと笑顔で生きていかなくちゃ。。。

|

« 4月~今日にかけての読書事情 | トップページ | 『ほんじょの虫干。』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございました。

たまにあれって思うような新しい本が売ってますよね。
去年、僕は桜庭一樹さんの『私の男』が300円で売られているのを購入し、興奮した覚えがあります。

投稿: buudy | 2009年5月29日 (金) 15時32分

buudy様
おー!桜庭さんの本が¥300ですか~
それはたなぼたでしたねhappy01
古本屋さんというのはあなどれないものですね(笑)

投稿: じょせ | 2009年5月29日 (金) 19時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 4月~今日にかけての読書事情 | トップページ | 『ほんじょの虫干。』 »