« ちょっと疲れました | トップページ | ピアス »

2009年7月30日 (木)

『宵山万華鏡』

Htbookcoverimage 森見登美彦『宵山万華鏡』集英社

『きつねのはなし』とちょっと雰囲気が似ているかもしれません。

阿呆らしさとかがちょこっと少なめです。

***


私は、宵山祭りには行ったことが無いのですが、こんな幻想的な出来事が起こるお祭りなら、是非に行ってみたい!happy02

というか、お祭りが恋しい・・・weep

りんご飴apple

カキ氷typhoon

屋台の焼きそばrestaurant

花火tulip



私が好きなのは、「宵山劇場」というお話。

またまた『夜は短し歩けよ乙女』とリンクしてますnote

気になる方は、是非ご一読を。

|

« ちょっと疲れました | トップページ | ピアス »

作家ま行」カテゴリの記事

コメント

わっ、もう読まれたんですね。
怪談系ですか?
だったら苦手です。
でも「夜は~」にリンクと聞くと読みたいです。
どうしよう。。。

投稿: 青子 | 2009年7月31日 (金) 22時55分

青子さんへ
>怪談ではないんですが、ミステリアスな感じが漂っています。
ちょっとネタばれですが、『夜は~』で、偏屈城建設に携わった人たちが出てきますよhappy01

投稿: じょせ | 2009年7月31日 (金) 23時20分

不思議なかんじなのですか・・・。
また独特の世界観みたいですね。

『夜は短し~』の偏屈城建設の人たち、と言われても出てきません。
『万華鏡』を読むなら読み返しておかないと。

・・・お祭り(´;ω;`)ウウ・・・

投稿: buudy | 2009年8月 3日 (月) 21時47分

buudyさんへ
そうなのです。
本当に独特な感じでした。

偏屈城建設に携わった人たちについては、確か『夜は~』では詳しく書かれていなかったかと思います。
初めて聞くお名前ばかりでしたから。
でもあの城を建設したとだけあって、なかなかにすっとんだ思考回路をお持ちのようでしたよ^^

投稿: じょせ | 2009年8月 4日 (火) 00時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ちょっと疲れました | トップページ | ピアス »