« 9月でございます | トップページ | 『みぃつけた』 »

2009年9月 4日 (金)

『美女と竹林』

Htbookcoverimage 森見登美彦『美女と竹林』光文社

京都在住の人気おもしろ文士の随筆集です。

タイトルが示すとおり、竹林と美女について、こんこんと語っておられますhappy01

しかし読んでいるとこれが、エッセイなのか、フィクションなのか、森見氏のお戯れなのか、わからなくなってしまうという怪奇なエッセイでありまして(笑)

改めて氏の底深な創造力に感服せざるをえないのでありました。

竹林という青々とした静かな空間を愛し、そしてあわよくば、かぐや姫のような美女と遭遇はできないものかと煩悶する筆者のお戯れが満載のエッセイ、ぜひ皆様も一度手にとってみられてくださいgoodshine

|

« 9月でございます | トップページ | 『みぃつけた』 »

作家ま行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 9月でございます | トップページ | 『みぃつけた』 »