« 『おそろし』 | トップページ | 萩へドライブ »

2010年4月11日 (日)

『えんの松原』

Htbookcoverimage 伊藤遊『えんの松原』(福音館書店)

栄華を極める花の都のまん中に、怨霊たちのすみかがあった。何ものかに祟られた若き皇子・憲平と、女装の少年・音羽は、真実をもとめて世の闇、人の心の闇へと深く分け入ってゆく。

***

平安朝ファンタジーは久々に読みました。

映画「陰陽師」のシーンがちょいちょい頭の中をよぎります。

身分の異なる少年たちの友情がちょっぴり胸を熱くするファンタジーです。

|

« 『おそろし』 | トップページ | 萩へドライブ »

作家あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『おそろし』 | トップページ | 萩へドライブ »