« ハチ目漱石♪ | トップページ | 『聖女の救済』 »

2010年7月19日 (月)

『MAZE』

Htbookcoverimage 恩田陸『MAZE』双葉文庫

アジアの西の果て、白い荒野に立つ矩形の建物。いったん中に入ると、戻ってこない人間が数多くいると伝えられている。その「人間消失のルール」とは?謎を解き明かすためにやってきた4人の男たちは、果たして真相を掴むことができるのか?異国の迷宮を舞台に描かれる、幻想的な長編ミステリー。

***

得体の知れない建物の物語は怖い。

けれど、その謎めいた部分にどうしても心惹かれ、踏み込もうとしてしまう人の心理はわかる気がする。

ミラーハウス、私はなんとなくあれを思い出す。

一度入ったら出てこられないような気がする。

あの建物の中に吸い込まれてしまうんじゃないかと思う。

仕掛けがわかればどうってことないのだろうけれどsweat01




なんだか変な感想になってしまいましたが、

なんだかそんなことを考えさせられてしまう本でした。

|

« ハチ目漱石♪ | トップページ | 『聖女の救済』 »

作家あ行」カテゴリの記事

コメント

私、すごい恐がりで、ホラー系はダメなんですが、これは、頑張って読みました。
ラストは、なーんだとちょっと肩透かしを食らったようで、でも、読んでるときは、めっちゃ恐かったです。
ミラーハウスもちょっとヤかもwww

投稿: 青子 | 2010年7月20日 (火) 18時00分

青子さんへ
結末がわかってしまうと、なーんだという感じなんですが、過程の推理はなかなか楽しく読めました。
私もミラーハウスには多分入れないクチです(笑)

投稿: じょせ | 2010年7月22日 (木) 21時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハチ目漱石♪ | トップページ | 『聖女の救済』 »