« 『四畳半王国見聞録』 | トップページ | 『私のマトカ』 »

2011年3月20日 (日)

『ばんば憑き』

宮部みゆき『ばんば憑き』(角川書店)
宮部さんの江戸ものの金字塔、と帯に書かれてあったのを見て、給料日前にもかかわらず、レジに直行した1冊。
『ぼんくら』の親分も出てくるし、『おそろし』の青野氏も出てくるという豪華キャスト!
完読いたしました。
短篇集なので、上記の2冊を読んだことのない人でも楽しめると思います。
私のオススメは、「お文の影」と「野槌の墓」です。
野槌の墓はこの本の最後のお話ですが、最後に相応しく、胸にちょっぴりじんとくる内容でした。
素晴らしい(^^)
***
この場をお借りしてというのもなんですが、この度の震災で、多くの方が亡くなりました。
心からお悔やみ申し上げます。

|

« 『四畳半王国見聞録』 | トップページ | 『私のマトカ』 »

作家ま行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『四畳半王国見聞録』 | トップページ | 『私のマトカ』 »