« 食欲のないとき | トップページ | 『ブロード・アレイ・ミュージアム』 »

2011年9月11日 (日)

『蒼林堂古書店へようこそ』

乾くるみ『蒼林堂古書店へようこそ』徳間書店

ミステリ専門の古書店、「蒼林堂」。

百円以上の買い物をすると珈琲を1杯出してくれる、小さな喫茶店でもある。

そこに集うのは、ミステリ好きだったり、店長の友人だったり、ひそかに恋心を抱く乙女だったり。

そして本のラストにわかる、秘密の暗号。。。

本と珈琲が好きな人には、たまらない空間なんだろうなあと思います。

新しい本のにおいも好きですが、古い本のあの独特なにおいも好きです。

いろんな人の人生の傍らにあったにおいというか。

だからすごく居心地がよかったんです、大学の研究室(笑)

先生は珈琲が好きで、豆から挽いた本格的な珈琲を飲ませてくださったし、

何より、四方八方本に囲まれた、閉鎖的なあの空間がたまらなく好きでした。

先生の仕事のお邪魔にならなければ、ずっといたいくらい好きな場所でした。

私もいつかあんな空間がほしいなあと思います。

|

« 食欲のないとき | トップページ | 『ブロード・アレイ・ミュージアム』 »

作家あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 食欲のないとき | トップページ | 『ブロード・アレイ・ミュージアム』 »