« 『おまえさん』上下巻 | トップページ | 再読『ぼんくら』 »

2011年10月25日 (火)

『彼女のこんだて帖』

角田光代『彼女のこんだて帖』(講談社文庫)

019_3

付き合った男と別れたあとに、自分のためだけにラムステーキを食べる、

「泣きたい夜はラム」

恋が何だ、愛が何だという女性が作る本格タイ料理、

「食卓旅行」

兄妹の絆を深める手作りピザ、

「ピザという特効薬」

などなど。

人と食をテーマにしたエピソードがお腹いっぱい詰まっています。

愛って、食って、偉大だなあと思える一冊でしたhappy01

|

« 『おまえさん』上下巻 | トップページ | 再読『ぼんくら』 »

作家か行」カテゴリの記事

コメント

じょせさん、お久しぶりです。
(ときどきおじゃまはしています♪)

この本大きいのを以前いた図書館で買って、すごくお気に入りだったのだけど、生徒には意外と人気がなかったので(表紙が若者向けでなかったのか)、今回文庫化されて、買おうかどうか、気になっています。

STORYはもちろん、グラビアやお母さんの思い出の話(涙なしでは読めない)が特に好きだったのですが、文庫にはカラー写真やあとがきもありますか?

投稿: なぎ | 2011年10月26日 (水) 19時43分

>なぎさんへ
ご無沙汰しています(^_^)
お元気ですか?
私もまた、なぎさんのところへ遊びに行きます(*^o^*)
文庫にもカラーのレシピが載ってますよ★

投稿: じょせ | 2011年10月27日 (木) 11時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『おまえさん』上下巻 | トップページ | 再読『ぼんくら』 »