« 『いつも旅のなか』 | トップページ | 『破戒』 »

2011年12月11日 (日)

『第2図書係補佐』

又吉直樹『第2図書係補佐』幻冬舎
本書の冒頭。
渋谷の真ん中に、すり鉢状の劇場があります。
我々若手芸人はその劇場で鎬を削り、傷を舐めあい、菓子パンを分けあい、アルバイト情報を交換しながら、世に出る機会を何年も窺い続けています。
***
この一文章にハートを持っていかれた気がします(笑)
読書家なんですね、又吉さん。
太宰さんのみならず、中村文則さんや乾くるみさん、中島敦さん、私の大好きな森見登美彦さんの著書までお読みになってるとは!
お金がなく、古本屋の店先の3冊100円コーナーをあさるくだりなどは、なんど読んでも飽きません。
いつかお会いしてみたいものです(*^o^*)

|

« 『いつも旅のなか』 | トップページ | 『破戒』 »

作家ま行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『いつも旅のなか』 | トップページ | 『破戒』 »