« 『第2図書係補佐』 | トップページ | 2011年の最後に »

2011年12月16日 (金)

『破戒』

島崎藤村『破戒』新潮社
父からの「(エタであることを)隠せ」という戒めをずっと守り抜いてきた瀬川丑松。
だが、心の中では敬愛する同じエタである友人には打ち明けたいとも思っている。
隠すか、話すか。
丑松は苦悩する。
***
秘密というものは、時に身を守りますが、一方で自身を苦しめることもあると思います。
秘密を持たずに生きるというのは無理なことですが、自分自身を苦しめる秘密は、できればもちたくないものです…

|

« 『第2図書係補佐』 | トップページ | 2011年の最後に »

作家さ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『第2図書係補佐』 | トップページ | 2011年の最後に »