アニメ・コミック

2009年12月 5日 (土)

『ONE PIECE』56巻

Htbookcoverimage もちろん買いました!

56巻です。

ボンちゃんの件で号泣必死の話が挿入されていますcrying

私もオカマの友達がほしいです。。。

| | コメント (0)

2009年6月 8日 (月)

『ONE PIECE』54巻

Htbookcoverimage 兄エースに会うため、ルフィはハンコックの助けを借りて、海軍船に密航ship

インペルダウンへと向かった。

囚人のレベル毎に分けられた独房で、ルフィは大騒ぎ!

かつての敵、バギーやMr.3、ボン・クレーらと共に地獄への階段を駆け下りる。

***

いや~楽しくなって参りましたっnote

このインペルダウンでの事件がまたルフィの海賊としての評価に付加されていくのでしょうね~

兄のため、危険を顧みない一途なルフィの奮闘に、ファンはイチコロですlovely

がんばれ~ルフィ~!!!

| | コメント (2)

2009年3月10日 (火)

ONE PIECE 53巻

Htbookcoverimage 尾田栄一郎『ONE PIECE 53巻』集英社

先週発売された最新刊ですup

バーソロミュー・くまによって離散させられた麦わら一味。

仲間を救えなかったと悲嘆にくれるルフィが肉球で飛ばされたのは、アマゾン・リリーという女人島だった。

***

最近、文庫本の読み進みが芳しくありませんgawk

引越しをして今はなんとか落ち着いているので、またバタバタしてくる前に読みたい本は読んでおこうと思います。

これもその一つ(笑)

王下七武海でもある女帝ハンコックと出会うの巻です。

サンジだったら・・・技を使わなくても石化してしまうのでは?(笑)

今回も見ごたえ、読み応えたっぷりですnote

女人島編が終わると次はインペル・ダウン編です!

今本編はどこまで進んでいるのでしょう・・・?

| | コメント (0)

2008年12月 8日 (月)

ONE PIECE 52巻

Htbookcoverimage アップが遅れましたが、先日発売になりました『ONE PIECE』の52巻でございますhappy01

内容は、シャボンティ諸島にてルフィが天竜人を殴り飛ばしたことにより、海軍大将がやってきた編です!

バトル勃発です!

そして麦わら海賊団離散へのカウントダウンスタートですcrying

ますます目が離せない展開となっています。

ルフィたちはどうなっていくの?!

乞うご期待ですshine

| | コメント (2)

2008年10月26日 (日)

アニメ「魍魎の匣」

京極夏彦原作の『魍魎の匣』が、今秋アニメになりました。

登場人物たちがずいぶんと美化されていたので、なんとなく観ることにはばかりがあったのですが、今回おもいきってYou Tubeで観てみると、キャラクター原案はなんとあの、巨匠CLAMP!!!

久々に「どんだけ~~」と言いたくなりました(笑)

| | コメント (0)

2008年9月 8日 (月)

ONE PIECE 51巻

Htbookcoverimage シャボンディ諸島のところですfish

ONE PIECEに関しては、もうあえてブログで語らずともいいかな~なんて思ってたのですが、その魅力は山より高く海より深しです。

今回の巻で一番好きなシーンはやっぱり、最後でルフィが友達の為に周囲の制止を無視して、天竜人を殴り倒すところheart

友達のために、いとも簡単に常識を覆すルフィはやっぱりかっこういいです!そしてゾロもhappy02

新刊が出たばかりでなんですが、早く続きが出ないかなあ~note

| | コメント (2)

2008年1月20日 (日)

東京少年物語

07101582 『東京少年物語』羅川真里茂・白泉社(2002年)

中学のとき、東京から母の田舎に越してきた吉蔵。

東京での慌ただしい生活を送ってきた吉蔵にとって、田舎暮らしは退屈極まりなく、クラスにも馴染めないでいました。

そんな中、唯一心を許せる相手が・・・いとこの鷹ちゃん。

そして何かと世話を焼いてくれる、元都会っ子の桜庭さん。

だんだんと田舎の暮らしにも慣れてきた吉蔵でしたが・・・。(「東京少年物語」)

青森から上京し、専門学校に通うことになった岸本寛治。

慣れない東京での生活、方言へのコンプレックスの中で苦しむ中で、あるひ出会いが訪れる。

丸山舞子。関西弁でしゃべりまくる彼女は、時に岸本くんを傷つけることもあるのだけれど・・・。

(「がんばってや」)

***

随分前に読んで、なんとなく心に残っていた作品。

心がちょっと温かくなる本です。

羅川さんの作品はそういったものが多いです。

例えば、全巻持ってました『赤ちゃんと僕』。

拓也くんも実くんも、そしてお父さんもかわいかった~^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)