文化・芸術

2008年11月26日 (水)

運慶流 鎌倉・南北朝の仏像と蒙古襲来

081126_173601 山口県立美術館で、現在好評を博している展示「運慶流」です。

公式サイトはこちらから↓

http://www.yma-p.jp/top.html

今月の11日からの公開にかかわらず、来場者が先日1万人を突破したとか!

都会の美術館に比べたら大した数ではないかもしれませんが、こちらでは結構すごいことです!

人が少ないであろう平日を狙って行って来たのですが、今日も十分多かったです(・-・;)

見に来られている方はやはり年配の方が多かったのですが、中にはお若い方もちらほら。

いや~年齢にかかわらず、あれは一見の価値ありですよv(*⁾ -^)

2,3メートルはあるであろう木彫りの仏像を、あんなに間近で見られる機会なんてそうそうあるものではありません。

しかも360度の角度から鑑賞可!

ド迫力です!

卒論をほっぽってまで見に行った価値は十分ありました♪(笑)

| | コメント (2)

2008年10月12日 (日)

第62回 山口県美術展覧会

081012_195701_2  昨年は実習の一環として参加した県美展に、今年はいちカスタマーとして参上しましたhappy01

今年の大賞は「Landscape1~6」の范叔如さんという方の作品でした。

いろいろな場所から海を望む風景を描かれていて、昨年の吉村芳生さんの画とはまた違った大賞としての趣がありました。

とてもシンプルといいますか・・・まあ吉村さんの作品がインパクトありすぎなんですが(笑)

入選した作品の中にも素敵なものはたくさんありました。

例えば、「The Voice」。

すいません、身贔屓かもしれませんが、私の中学時代の美術の先生の作品ですcoldsweats01

でも好きなんですものup

白と黒と薄い茶色の画用紙を使った切りえなのですが、とても繊細で女性らしい感性に溢れる作品です。

また他にも、「ネエ キミハ イッテシマウノ?」という本の中に埋もれた魚の画だったり、「Tears In Heaven」という電車の中の骸骨を描いた作品も攻撃的で好きでしたheart01

ジャンルを取っ払った展示方法も必見!wink

| | コメント (0)

2008年8月28日 (木)

美が結ぶ絆

徹夜して一睡もしていない(うたた寝の30分を除くなら)状態で、県立美術館に展示を観に行ってきました。

今やっているのは<美が結ぶ絆~ベルリン国立アジア美術館所蔵日本美術名品展~>です。

タダチケットがあるということで、友達数人ととてもラッキーな気分で参じたわけなのですが・・・

今回のメイン展示である「天稚彦草紙絵巻」は20日という短期間の展示期間を終え、紹介パネルだけが残されていたという、少々淋しい展示でありましたweep

まあ、狩野派の何人かと尾形光琳、広重、北斎などと巨匠の作品はまだいくつか残っていたので、そこは十分楽しませていただきましたup

これでタダとは非常にラッキーでしたshine

| | コメント (0)

2008年8月 6日 (水)

山口提灯まつり

今日は山口提灯まつりの日でした。

右下の写真が午後7時半頃に商店街。

左下の写真が祭りのメイン提灯ですflair

080806_193501_3080806_192401_3  左の写真はちょっとレアなんですよ。

中の字の部分が消灯するのは短時間なので、この瞬間を撮るのは難しいのですdash

一緒に行った友達の中でこの瞬間をおさめられたのは私だけheart

ちょっと優越感ですhappy01

足は痛いですが、焼き鳥も食べたし、はしまきも食べたし、大判焼きも食べましたrestaurantpig

よさこいも4組くらい見ました。

満足です!

| | コメント (0)

2007年10月24日 (水)

狩野永徳の図録

只今京都国立博物館にて催されている狩野永徳特別展覧会。

見に行きたくて見に行きたくてたまらなかったのですが、何せ私の現在地山口県から京都は遠く・・・。

学生の身分でお金もないので半ば諦めかけておりました。

しかし!うちのゼミの先生がこの永徳を見に行かれるとおっしゃるではありませんか!!!

是非に図録を一冊とお頼み申しましたところ、優しい先生は快くOKしてくださいました●^^●

そして今日、とうとう手に入れました!狩野永徳特別展覧会の図録♪~

2500円也。

高いとは思いません(というかまだ支払いはお金がなくて待ってもらっているのですが・・・^^;)。

とても立派な図録で、行かずとも満足できる内容でした。

このような特別展示は人が多くて、見たい作品があっても間近で見ることができなかったということが何度かあります。

しかしこの図録はアップの写真もあり、細部までじっくり鑑賞することができます!

ビバ!図録!

先生本当にありがとう!

| | コメント (3)